芸能

ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」

 錦鯉がM-1グランプリのチャンピオンに輝いたのが、2021年のこと。当時、長谷川雅紀50歳、渡辺隆43歳だったことから「中年の星」と呼ばれ、世のオジサンたちに夢と希望を与えてくれた。つるつる頭で白いスーツ姿の長谷川に比べ、中肉中背で紺のスーツの渡辺は見た目が地味で、「刑事」「サラリーマン」などとイジられることも多い。

 そんな「より普通の中年」な渡辺がまたもや、オジサンたちに夢を与えてくれることになるとは!

 発端は2月27日放送の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)。この日は人気企画の「ラブマゲドン」だった。

 複数名の男女がテーブルを挟んで向かい合い、「もしも地球上にこの男女○名しか残されなかったら、誰とお付き合いしたいか」という名目で、各自「お付き合いしたい」と思う相手を選ぶ。両想いだったらカップルシートへと移動できるルールだ。言ってしまえば、昭和の人気番組「プロポーズ大作戦」の「フィーリングカップル」である。少し違うのは、こちらは毎回、男性側(時に女性側の場合も)が1人多いため、必ず誰か1人がカップルになれずに孤独を味わうことになる、ということだ。

 で、今回の出演者は女性陣が佐藤仁美(女優)×西山茉希(ファッションモデル)×鈴木奈々(タレント)×スザンヌ(タレント)×大島由香里(フリーアナウンサー)×熊田曜子(タレント)の「バツ(離婚歴)ありタレント」6人。男性陣は盛山晋太郎(見取り図)×菅良太郎(パンサー)×東ブクロ(さらば青春の光)×長谷川雅紀(錦鯉)×渡辺隆(錦鯉)×井口浩之(ウエストランド)×きょん(コットン)の「独身男芸人」7人である。

 MCの田村淳(ロンドンブーツ1号2号)が手始めに指名したのが渡辺で、彼が「お付き合いしたい」と選んだ相手が大島だった。渡辺はその理由を「まぁ大島さん、顔がめちゃくちゃタイプです。どストライクでございまして」。選ばれた大島は「ウソ? 嬉しい」と口に手を当てる。

 さらに渡辺は「(大島さんが)お酒が好きというのもありまして、僕もお酒大好きなんで、一緒にお酒飲めたらなと」。続けて、もしお付き合いしたらどんなデートをしたいか、などを具体的に話した。

 そして注目の結果はというと…なんと! 大島も渡辺を選んでいて、いきなりカップルが成立したのだ。

 意外な展開に、出演者全員が立ち上がって驚く。中でも当の渡辺が最も驚いた様子だったが、大島は渡辺を選んだ理由を「今日は最初から最後まで渡辺さんだけを(狙っていた)。純粋にこの雰囲気、見た目がタイプ」と告白。その後、仲良く手をつないでカップルシートに移動した渡辺と大島は、淳の計らいでスマホの持ち込みを許され、連絡先の交換までしていた。

 さて、気になるのはその後の2人だが、放送翌日の「5時に夢中!」(TOKYO MX)でMCを担当する大島が報告している。いわく、

「(その後は)普通に連絡とってます」

 すると水曜日のコメンテーターとして出演するヒコロヒー(お笑いタレント)が真面目なトーンで、

「あんないい男、なかなかいないですよ。マジの話しちゃいますけど、優しいし男気あるし(渡辺のことを)後輩みんな好きやし、先輩もみんな好きですし。あんな男いない!」

 なんと大絶賛である。これを大島は顔を赤らめながら、嬉しそうに聞き入っていた。

 渡辺は大人のビデオが大好きなことで知られるが、このことについて聞かれた大島は、

「それを公にしてるっていうのが素敵だなって思って。ムッツリじゃないっていうのが」

 もう渡辺にベタ惚れなのでは、と思わせる表情だ。

 ただ、ここでは話題に上がらなかったが、渡辺はオズワルド・伊藤俊介の紹介で行ったキャバクラに通い、なかなかの豪遊をしているそうだが(自分でもネタにしている)、そんなお遊びもこれを機会に落ち着くのだろうか。

 なんにせよ、あんな普通のオジサンの渡辺が、バツイチとはいえ写真集を出したこともある元フジテレビアナウンサーから「見た目がタイプ」と言われたことに驚くし、もしもこのままゴールインなんてことがあったら、世のオジサン方は「もしかしたら俺も」なんて夢を見てしまうのではないか、と。

 余談だが、以前、やす子(お笑い芸人)がテレビ局の廊下で渡辺から「やす子、綺麗になったな」と言われて以降、渡辺のことを「男として見てます」と告白していたことがあった。今回のカップル成立に唯一、悲しんでいる女性がいるとすれば、やす子かもしれない。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」