スポーツ

開幕2戦で見えた町田ゼルビアの実力!ひと桁順位の大躍進も現実的に

 町田ゼルビアが歴史的なJ1初勝利をモノにした。

 Jリーグ第2節、豊田スタジアムで行われた名古屋グランパスVS町田の試合は前半21分、町田が得意とするロングスローのセカンドボールを右サイドから鈴木準弥がクロスを上げ、藤尾翔太がヘッドで押し込み、町田が先制。先行逃げ切り型のサッカーで昨季J2を制した町田はこの1点を守り切り、J1初勝利を決めた。

 決して面白いサッカーではない。それでもシンプルなサッカーをする。ハードワークや球際の激しさはもちろんだが、ツートップが前線からプレスをかけ、パスコースを限定させる。制限させることができるから2列目、3列目の選手がセカンドボールを拾え、ルーズボールへの反応も速くなる。そうした意識を全員が持っているから、相手に自由を与えない。誰もサボらないから隙を見せない。

 そしてボールを奪えば、カウンターで勝負。無駄なパスをしないで、速くゴール前にボールを運んで勝負する。攻撃陣も清水から獲得した高さのあるオ・セフンと、運動量と決定力がある藤尾のツートップ、2列目の右にテクニックのあるバスケス・バイロン、左にスピードのある平河悠とタイプの違う選手を揃え、そこに下田北斗、柴戸海のJ1経験者が絡んでいく。

 もうひとつの武器は、セットプレーとロングスロー。黒田剛監督は昨季から、この練習に多くの時間を割いてきた。面白いサッカーではないと言ったが、このセットプレーはワクワクする。どんなサインプレーでシュートまでもっていくのか。ロングスローも含めて、町田のストロングポイントだ。特に身長194センチのオ・セフンの高さは脅威だ。

 守備でも攻撃でも自分たちのスタイルがハッキリしているから、対戦相手はやりにくい。受けて立ったら町田のペースに巻き込まれてしまう。

 ただ、町田がこのまま勝ち進むとは思わない。Jリーグで優勝を狙うチームは、開幕を70%ぐらいの力でスタートし、5月ぐらいにピークを迎える。逆にJ1に昇格したチームはそこまでの余裕がないから、開幕から全開でいかないといけない。つまりリーグが落ち着いた時に、どこまで勝ち点を積み重ねているかが大事だ。

 町田が気を付けなければいけないことは、開幕2試合でイエローカード4枚、レッドカード1枚をもらっていること。J2は主審の判断だが、J1はVARが導入されている。VARの餌食にならないことだ。あとは得点力。昨季の得点源であるエリキ(昨季、全治8カ月のケガ)がいつ、どういう状態で戻ってくるか。万全なコンディションに戻れば大きな戦力になる。

 とはいえ、黒田監督が「我々にとって楽な試合は1試合もない」と言ったようにJ1は簡単ではない。特にハードワークを売りにしている町田のようなチームは、夏の猛暑をどう乗り切るかが大きなカギになる。

 うまく乗り切った時には、ひと桁順位の可能性は十分にある。

(渡辺達也)

1957年生まれ。カテゴリーを問わず幅広く取材を行い、過去6回のワールドカップを取材。そのほか、ワールドカップアジア予選、アジアカップなど数多くの大会を取材してきた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え