社会

医師・帯津良一の健康放談「検査結果が健康の証しではありません」(1)

20150101_08hh1st-3

酒は毎日朝から飲むがよし

 私は城下町・埼玉県川越の生まれで、中学までは地元の学校に通い、高校は越境入学で都立小石川高等学校に進学しました。当時は都立高校の全盛時代で、日比谷高校をトップに、戸山、新宿、小石川、西とありましたが、川越から都心に出る東武東上線上では、小石川がいちばん近かったんです。

 大学は東大の理科二類から医学部へ入って卒業し、東大の第三外科に所属しました。その後、共立蒲原総合病院や都立駒込病院勤務を経て、1982年、川越に帯津三敬病院を作り、現在に至っています。

 医者になって半世紀以上たちますが、健康を考えるうえでいちばん大切なことは、内にあるダイナミズムがないとダメということです。これはフランスの哲学者、ベルクソンが唱えた「生命の躍動」を指します。

 青雲の志や情熱と呼んでもいいでしょう。胸に燃え立つものを持っていなければ、「健康」とは定義しません。いくら人間ドックの成績がよくても、それはたまたま値が正常値だった、ただそれだけのことです。逆に、生命の躍動さえあれば、少しぐらい乱暴なことをしたり、異常値が出てもいいんです。

 私自身は企業検診で何種類も異常値が出ます。例えばアルコールによる肝機能障害に反応するγ-GTPは、いつも200U/L以上。基準値が0~50U/Lですから人に負けたことがありません(笑)。だけど、ここ何年も同じ値です。そして、どうってことはない。コレステロール値も高いですし、肝臓病の有無を検査するGOT、GPTも少し高め。腹囲も1メートルもありますよ。

 それでも私は自分自身を健康だと確信しています。それは、生命の躍動が自分の中にあるからです。ときめいているわけですよ、毎日毎分、いろんなことに。

 私が生命の躍動を感じる瞬間の一つが、お酒を「飲んで」いる時です。

 ウイークデーは夜だけ。朝2時半に起きて、早朝から病院に行って、お昼は時間がないからあっという間に食べて、18時半から病院でゆっくりと晩酌をやるわけです。1日のローテーションとしては十分満足です。アルコール中毒者のように、いつも飲みたいとは、決して思わない。

 土日はたいてい、原稿の執筆や地方へ講演に行くために都内のホテルに泊まります。そして、朝昼晩と飲みます。習慣で平日と同じ時間に目覚めますが、「今日はもっとゆっくり寝ていいんだ。もう少し寝よう」ということで、4時頃に起きます。

 起きたら風呂に入って原稿を書きますが、6時半になるとホテルの食堂が開くんですね。4時半ぐらいから原稿を書いて2時間もたつと、ちょうど疲れが出てくる頃なので、食堂へはいつも一番乗り。朝食兼朝酒を楽しむためです。

 本当にうまいんですよねぇ、この朝酒が(笑)。

 頻繁に宿泊するホテルのスタッフはみんな知り合いですから、席に座ると注文しなくても、いつも同じものが出てきます。

◆プロフィール 帯津良一(おびつ・りょういち) 医学博士。東大医学部卒、同大医学部第三外科、都立駒込病院外科医長などを経て、帯津三敬病院を設立。医の東西融合という新機軸をもとに治療に当たる。「人間」の総合医療である「ホリスティック医学」の第一人者。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ