社会

同じエレベーターに乗っただけで感染「麻疹パンデミック」前夜の「イヤな感じ」

 桜の開花を待ち望む時期に、不穏すぎるニュースが入ってきた。東京や大阪、京都で「麻疹」の感染報告が相次いでいるのだ。

 というのも、新型コロナと入れ替わりで、世界的に麻疹が大流行中。3月11日に感染が判明した東京都足立区在住の5歳未満の乳幼児は、2月に南アジアから帰国したばかりだった。

 麻疹は一度感染すれば生涯免疫がつくが、この1回の感染というのが厄介で、医療制度が整った先進国でも、麻疹脳炎の合併症を起こすことがあり、1000人に1人の割合で死亡者が報告されている。麻疹が重症化せずとも、顔や体に出た発疹が引いた後に、痕が残ることもある。

 麻疹患者1人に対し、同じエレベーターや飛行機に乗り合わせた17人が感染するほどの感染力で、マスクや空気清浄機でも防ぎようがない。

 このため日本では現在、麻疹風疹ワクチン(MRワクチン)の2回接種が推奨されているが、現在の30代から40代は1回のみしかMRワクチンを接種していない「空白の世代」で、他の世代よりも麻疹に感染、発症するリスクが高い。また新型コロナの影響で、MRワクチンが未接種のままの未就学児童もいる。

 子供が脳炎になるのは恐ろしいのだが、麻疹は大人が感染した方がより重症化しやすい。特に妊婦はたった1回の接種では抗体が十分についておらず、感染した場合、お腹の子供の死産や流産、早産を引き起こす。日本国内で麻疹が流行った2007年には、妊婦が感染してお腹の赤ちゃんが亡くなる悲劇が起きている。

 問題なのは、昭和の古い情報からアップデートされていない高齢医師や反ワクチン信者たちがSNS等で拡散しているデマ情報だ。自分たちは昭和の時代に感染して生涯免疫を持っているため、安全地帯から匿名でデマを拡散するが、前述の通り、ワクチン1回接種では免疫が不十分な上に、今の日本は想像の上をいく多民族社会だ。

 バングラデシュやミャンマーなどのアジア最貧国から日本にやってきた外国人労働者とその家族は、日本なら1~2歳と6~7歳で接種するMRワクチンを接種する機会がないまま入国し、日本で懸命に働いている。

 東京都は感染者のプライバシー保護の観点から、足立区の麻疹患者について「南アジアからの帰国者」以外の詳細を伏せているが、あくまで参考に書いておくと、都内では4500人ほどの在日バングラデシュ人が足立区、北区を中心に暮らしている。

 今回、感染がわかった子供が南アジアから麻疹を持ち込んだ張本人とは限らず、我々が知らない間に下町の外国人コミュニティーで麻疹感染が潜在的に拡大している恐れはある。

 在日バングラデシュ人は貧しかったため母国でMRワクチンを受けられなかっただけで、何の落ち度もない。公衆衛生的にも人道的にも問題があるのは、外国人労働者とその子供にワクチン接種の救済措置を怠ってきた厚労省と東京都だ。

 卒園式、卒業式のシーズンに麻疹感染報告が出るのは、パンデミックを予感させる「イヤな感じ」である。

 麻疹から自分と家族を守るためにできるのは、ワクチン1回接種の世代は追加接種すること。未接種の人は、この機会にMRワクチンを接種すること。麻疹流行が落ち着くまでは、人混みの多い場所を避けることだ。

 そしてわが子の卒園式や卒業式に参列する妊婦は、周りが十分に配慮してあげてほしい。

(那須優子/医療ジャーナリスト)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに