芸能

花見のお供は橋本環奈か今田美桜か「春の新ビールCM」はツッコミどころだらけ

 ビール党の私、正直言って発泡酒は苦手です。もちろん各メーカーさんの企業努力には頭が下がる思いですが、発泡酒を毎日飲むなら、一日置きでもいいからビールを飲みたいと思っています。

 そんな私のような人間にとって、昨年10月の酒税改正によってビールの税率が下がったのは朗報でした。と同時に、発泡酒の税率を上げることには「国って相変わらず、やることがこすっからいな」と思いましたが。

 そんなこんなで、大手メーカー各社はビールの売り上げ増を視野に入れ、新商品の発売やらリニューアルやらに勤しんでいるようで、それにともない、ビールのCMをよく見かける気がします。

 中でも目についたのが、「アサヒスーパードライ ドライクリスタル」。常日頃から「お酒大好き」を公言している橋本環奈が初めて起用されたアルコール関連のCM、ということでも注目されています。

 グラスに注がれた泡立つビールをうっとりした目で見つめた後、グビグビと飲み、「プハー!」とやる姿が相変わらず可愛いのは言うまでもなく…。

 なのですが、「わたし、ビールだいっ好きなんで。アルコール分低めのドライ、気になってました」と言う彼女には、若干の違和感を覚えます。「あの酒豪、橋本環奈がアルコール分3.5%なんていう甘っちょろい度数のビールに、本当に納得するのか」と。

 見た目の可愛さとは裏腹に、中身はオヤジ(そこが魅力なのですが)の彼女には、それこそサッポロラガービール(通称=赤星)あたりを、三船敏郎よろしく「環奈は黙ってサッポロビール」なんてやってほしかったなぁと。

 もうひとつは、キリンビールの17年ぶりとなる新ブランド「晴れ風」のCMにおける今田美桜。まだ商品名が伏せられていた際の告知CMにおいても、可愛いおへそをチラリと見せてくれていたが、新CMでは…。

 冒頭、缶とグラスを手にした今田が大きく腕を開いて、元気よく「お披露目でーす!」という際に、相変わらず立派な双丘が、真っ白なシャツ越しにもわかるほど揺れるのです。

 こちらの「ぷりん体」は、多めの方がむしろ嬉しい。ただ残念なのは、その後に内村光良、目黒蓮、天海祐希らがリレー方式で現れる演出。「いいね、今田美桜ちゃん!」と喜んだ瞬間に、ウッチャンの顔がドンと映ると萎えてしまうわけで…。

 そんなこんなで、この春の新ビールCMは見どころが満載。お花見に繰り出す際のお供のビール選びは、橋本環奈or今田美桜のどっちにしようか、悩ましい。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴