スポーツ

「アサ芸ギャンブル部」〈新登場 中央VS地方「ガチ決戦」最速“儲”攻略法〉(1)

 4月24日㊌に南関東の大井競馬場で新「3歳ダート三冠競走」の一冠目となる「羽田盃(JpnⅠ)」が開催される。今年は「ダート競馬の改革元年」と呼ばれ、中央と地方の枠を超えて重賞路線を整備。両者が激突するワクワク感いっぱいのクラシック三冠ロードを徹底的にチェックする。

 昨年まで羽田盃、東京ダービーは南関東馬同士で争われた三冠ロードだが、今年から中央の馬も参戦可能となり、羽田盃の優先出走権をかけて、1月のブルーバードC(船橋)から熱戦が繰り広げられてきた。

 日本最大の競馬情報サービス「netkeiba」で、南関の全レース予想も行っている競馬ライターの坂巻昌二氏が解説する。

「1月のブルーバードC、2月の雲取賞とも中央の馬が勝利しましたが、雲取賞は地方所属馬の上位2頭に羽田盃の優先出走権が与えられるため、3着サントノーレ、5着フロインフォッサルが名乗りを上げました。そして準重賞のスターバーストCでは、中央から大井に転厩したばかりのマッシャーブルムが切符をつかんだ。11月に京都の新馬戦を勝った直後の転厩とあって、中央の馬にとっても羽田盃へ出走する険しさがうかがえました」

 それもそのはず、フルゲート16頭のうち、中央の馬が出走できるのは4頭のみという狭き門(東京ダービーも4頭、ジャパンダートクラシックは7頭)。そうした白熱のトライアルが続く中、3月の京浜盃(地方所属馬上位2頭に優先出走権)では、サントノーレが後続に7馬身差をつける圧勝劇を演じた。

「昨年のNARグランプリ2歳最優秀牡馬でもあり、本番に向けて楽しみな主役の誕生と思われましたが、レース後に右前肢の膝骨折が判明。とても残念ですね。京浜盃からは5着のティントレットが本番に向かいます」(坂巻氏)

 4月8日には羽田盃指定競走「クラシックチャレンジ」(大井)でムットクルフェが勝利を収めたが、現時点で優先出走権を持つ3頭について、坂巻氏は次のように期待を込める。

「まずは、南関のリーディングトップの森泰斗騎手が継続騎乗で挑むティントレットです。ホッカイドウ競馬でデビュー後、5戦したあと荒山厩舎(大井)に転厩したんですけど、移籍後は先行力を武器に2連勝を飾った。その後、2カ月の休養を挟んで、前走の京浜盃でも先行して5着。敗れはしましたが、本番に向けて楽しみな走りでした」

 6戦2勝のフロインフォッサルと3戦2勝のマッシャーブルムも巻き返しは必至だ。

「前者は6戦中4戦で上がり最速を記録しているように、しまいは着実に伸びる末脚が武器。強敵相手でも自分のスタイルでゴール前の強襲に期待が持てます。後者は中央から転厩後、いきなり勝利を収めるなど、素質の高さを示しました。前走の京浜盃ではハナを切る競馬で6着に敗れましたが、キャリアはまだ3戦。ノビシロは十分ですね」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった