芸能

隠れ人気アナが地方から中央に大量流入!各民放を浸食する「TBSスパークル」って何だ?

 普段テレビで見かける女子アナは単なる美女ならず。幾千倍もの競争を勝ち抜き、その座を奪取したツワモノぞろいばかりなのだ。捲土重来を期し、やむなく全国へ散った地方アナに、再び中央で活躍するセカンドチャンスが訪れている。

 勝恵子、皆藤愛子、新井恵理那、森千晴‥‥人気のフリーアナウンサーを次々と輩出してきた芸能プロダクション「セント・フォース」に次ぎ、徐々に存在感を強めているのが「TBSスパークル」だ。TBSグループの連結子会社として、コンテンツの制作事業を行う一方、主に地方局出身の人気フリーアナを続々と抱え、マネージメントにも手を広げている。

 こうした、地方局から中央に転身をはかるフリーアナが増える状況について、芸能評論家の佐々木博之氏は、次のように話す。

「ひとつは、女子アナが〝腰掛け〟と揶揄されるように、ブランドイメージが低下してしまったことにあります。中央の局アナであっても条件が合えばすぐに独立して、女優やタレントになってしまう。一方で、地方の局アナの多くは、中央のテレビ局への入社がかなわなかった人たちが多いので、野心がハンパないんです。そこへ、セント・フォースのような事務所が登場し、どんどんテレビに売り込み、人気者を生み出していったという経緯があります」

 セント・フォースの後発として、各民放を浸食し始めているTBSスパークルには、どんな才能が集っているのか。代表的な3名のフリーアナを紹介しよう。

 1人目は、北海道放送出身の金井憧れアナ(32)だ。慶應義塾大学出身で、ミス鎌倉やミスSFCに選ばれた〝才色兼美〟であり、マラソンを趣味に持つMっ気もチラリ。フリーに転身後は、TBSのCS番組「ニュースバード」のキャスターを皮切りに、地上波では「まるっと!サタデー!」や「あさチャン!」の中継レポートなど、報道や情報系番組を中心に活躍をしている。

 もう1人が、キャスターをはじめ、レポーターやナレーター、役者としても幅広く活躍する槙あやなアナ(35)。福岡女子大学からNHK長崎放送局で約2年間、キャスターを務めた後、フリーに。現在は、BS番組「耳より!Bizトレンド」(BS11)のナビゲーターのほか、イベントのMCなどを担当する。

 最後が、「矢口真里似のニュースキャスター」として一時話題となったNHK青森放送局でキャスターやレポーターを務めた、千葉真由佳アナ(30)。地方で磨いた経験が評価され、フリーに転身後、約1年でTBS早朝の看板番組「THE TIME,」のキャスターに抜擢された実力派だ。出身地である青森に寄り添う活動にも積極的で、今年2月にはTBSのポッドキャスト番組「青森県人しか出ない」のパーソナリティを担当するなど、独自の活動を続けている。

 この3人のように、地方の人気アナが中央でも活躍できる理由について、前出・佐々木氏が語る。

「地方局はスタッフの人数が少ないため、大袈裟に言えば、レポートから撮影、編集まで1人で全部やっちゃうようなバイタリティがあるんですよ。だから、スタッフにとっては使い勝手がいいので、『また、あの子でいこう』ってなりますよね。それにTBSスパークルは、これからどんどん他局へ進出していく段階です。だから彼女たちも、実力以上の成果を出そうと頑張るので、ますます活躍の場は広がるはずです」

 野心旺盛のフリーアナの梁山泊から、将来、全国制覇を果たすのは誰だ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し