スポーツ

18歳の女子体操女子五輪代表選手が「体操協会の女帝」を名指し告発/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」

「まだ18年しか生きていませんが、人生の中でいちばん勇気を出しています」

 2019年8月29日、記者会見を開いたリオデジャネイロ五輪女子体操代表、宮川紗江は声を振り絞りながらも、凛とした表情でこう語った。それはまさに、女子体操界におけるパンドラの箱が開かれた瞬間だった。

 コトの起こりは8月15日。宮川のコーチである速見佑斗氏が指導中に暴力行為に及んだとして、体操協会は無期限の登録抹消と、味の素トレーニングセンターでの活動停止処分を発表したことにある。

 ところが小学校5年時から速見氏の指導を受けてきた彼女は、速水氏の暴力は認めたものの、パワハラと感じたことはないと主張。その上で、体操協会の「女帝」と呼ばれた塚原千恵子女子強化本部長を名指ししながら、

「私とコーチを引き放そうとした。権力を使った暴力。パワハラだと思います」

 と公の場で告発したのである。スポーツ紙記者が語る。

「周知の通り、塚原氏は80年代に活躍した元女子選手。夫で協会副会長の光男氏も3大会の金メダリストとして体操界を牽引してきた元選手です。2人は『朝日生命体操クラブ』の監督と総代であると同時に、長年、体操界のドンとして君臨してきました。宮川選手の訴えによれば、彼女は2人からコーチの暴力指導を証言するよう求められ、『五輪に出られなくなる』と迫られた。さらには朝日生命体操クラブへの引き抜きを示唆されたというんですからね。夫妻への批判がタブーとされる中、体操界に激震が走ったことは言うまでもありません」

 会見から一夜明けた8月30日、自宅前で報道陣に囲まれた光男氏は「(会見の内容は)全部ウソ」と言い放つ。千恵子氏もその後、代理人を通じて「発言は宮川選手の成績が振るわないことを踏まえてのこと」「宮川選手の発言にはウソが多い」といった書面を報道各社に送付して、真っ向から反論した。

 しかし、18歳の決死の告発が、体操界のOBを動かした。ロス五輪金メダリストの森末慎二をはじめ、池谷幸雄、田中理恵らが宮川に賛同する。それまで「夫妻」の存在が恐ろしくて何も言えなかった元選手や関係者らも声を上げ始め、批判の連鎖は一気に広がっていった。

 こうした流れを受けて、体操協会は第三者委員会を設置。結論が出るまでの間、夫妻には一時職務停止処分が下ったのである。

 ところが同年12月10日、協会は臨時理事会で、夫妻に懲罰対象となるようなパワハラはなかったと認定する。一時職務停止解除を決定した。さらに翌2020年3月には協会が「決定的な証拠がない中で強化本部長の名誉、信用を著しく傷つけた疑いがある」として宮川に反省文提出を求め、この体操界を揺るがせたパワハラ論争は終結を迎えた。

 真相はともあれ、意を決した告発もむなしく、パンドラの箱は再び閉じてしまったのである。

(山川敦司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し