スポーツ

武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠

 6月12日に行われた「宝塚記念」の1週前追い切りで、「調教だけでお金を取れる馬だね」と、騎乗する武豊を破顔させた、最有力馬ドウデュース。

 確かに、この日のラスト2ハロン10 秒9-10秒8は破格の時計で、追い切りを視察した松島正昭オーナーが「すごかったな」とうなるのは当然だった。まさに、絶好調の仕上がりだ。

 そうなると、13頭が出走予定の今年の春のグランプリは「ドウデュース1強」で揺るぎないのか。だが、関西の馬券師ライターは「ドウデュースが勝てる保証はない」と、表情を引き締める。

「出走馬の中で唯一のGⅠ2勝馬。しかも、日本ダービーと有馬記念というビッグタイトル2つです。イクイノックスがいない今、ドウデュースが圧倒的1番人気で間違いないでしょう。ただし、ドウデュースには今回に限って、重大な穴があります」

 馬券師の目線からは、実績も状態もナンバーワンのドウデュースに死角があるというのだ。それは何なのか。

「なぜかまったく語られませんが、今年の宝塚記念の場所は阪神ではありません。改修工事時が終わって、昨年から使用が再開された京都競馬場で行われます。阪神との違いは直線平坦、バックストレッチからの下りで加速し、とんでもない速い上がりを要求されるコースです。ところが、ドウデュースは5歳にして、京都競馬場では初出走です。これは盲点です。勝っているのはすべて直線に坂のあるコース、スピードよりスタミナがものをいうコースでした。京都は先に抜け出してスピードで押し切る馬か、とんでもない切れ味で差してくる馬が有利。徐々に追い上げて競り勝つドウデュースの脚質にぴったりとは言えません」(前出・馬券師ライター)

 事実、過去に阪神競馬場の改修などで京都競馬場で行われた宝塚記念は7回あるが、京都コース未出走馬が買った例はない。

 最近でいえば、第47回(2006年)のディープインパクトは2歳時に京都でレコードタイム勝ちを記録している。第36回(1995年)のダンツシアトルは、京都で5戦4勝という猛者だった。また、第32回(1991年)のメジロライアンは、前年に同じ京都2200㍍の京都新聞杯をレコード勝ちしている。

「コースの得手不得手を侮るなかれです。鞍上は宝塚4勝の武豊騎手ですし、ドウデュースが初出走でこなしてしまう可能性はゼロではないです。しかし、断トツの人気になればなるほど、足元をすくわれる可能性の方が高いとみるべき。馬券師なら当然です」(前出・馬券師ライター)

 確かに、ドウデュースは完全無欠の馬ではない。人気を裏切り凡走したケースが過去には数回ある。人馬ともに人気があるだけに、開催週はさらに1強ムードが煽られるはずだ。だからといって、迷わず1着固定で飛びつくには「危険な人気馬」の匂いがプンプン漂っていることをお伝えしておく。

(宮村仁)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】