エンタメ

少女漫画のような世界!「乙女ゲーム」が150億円市場になったワケ

20150116game

 20代後半からアラフォー世代までの大人女子の間で、最近スマホで楽しめる「恋愛ゲーム」にハマる人が増えているという。今や150億円規模にまで膨れ上がったこの“乙女ゲーム”市場。なぜ酸いも甘いも経験してきた女性たちが、通称・乙ゲーといわれる恋愛シミュレーションゲームにハマるのか。その魅力をユーザーたちの声から分析してみた。まずは最近友だちに勧められて始めたというAさん(一般事務・28歳)から‥‥。

「はじめの設定で自分の名前をつけられるのがいいですね。完全に自分が主役になりきれるなんて、ドラマや映画とはひと味違います」(一般事務・28歳)

 また、ゲームだからこそ非現実的なシチュエーションも違和感なく楽しめる要因だとか。

「少女漫画のような世界観を、大人の女性でも楽しめるように作られているのがポイント。多少ありえない設定でも物語に入り込めてしまう」(IT関係・33歳)

 一方、声フェチの女性にはたまらない、こんな楽しみ方にハマる人も。

「声優さんの甘い声で自分の名前を呼んでくれたり、胸キュンセリフを言ってくれたり。しばらく忘れていたドキドキが蘇ってきます」(飲食業・40歳)

 とりわけ乙女ゲームといわれるだけあり、今や忘れてしまった“乙女心”を再び取り戻せるところがウケているようで、大人であればあるほど、一度ハマるとヤミツキになるんだとか。なかでも、泣けるゲーム(泣きゲー)が特に人気で「考えもつかない展開、切ないエンディングに本気で涙を流すことも」(公務員・37歳)と、ひとり号泣してスッキリするという、ストレス解消に役立てている人も多いという。

 日々マンネリでトキメキのない日常を過ごしていると嘆く女性たちは、「オタクっぽい」と思わず、少女の頃の気持ちに戻ってみてはどうだろうか?

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”