芸能

矢口真里、「号泣」しても視聴者から同情されない理由とは?

20150216yaguchi

「間男不倫騒動」からテレビ復帰を果たすも、矢口真里(32)は相変わらずバッシングを浴び続けている。

 2月10日に放送された「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)の「格付けしあう女たち 混ぜるな危険SP」には、「不倫で騒がせすぎた女」として出演。

 ダレノガレ明美から「あの瞬間、(元夫の中村昌也が家に)帰って来てどうだったんですか?」と自宅での鉢合わせ不倫について追及されると、「失敗しましたね」「もう頑張ります」「一気にもう転落しちゃったんで‥‥」などと話し、号泣する場面もあった。

「矢口としては『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で復帰後、バラエティ番組などで共演者から辛らつな言葉を浴びることで同情を買い、ミソギを済ませようという狙いがあったのでしょう。それでも視聴者からすると、有吉弘行や劇団ひとりなど騒動前に共演していた芸人たちからいくら厳しいツッコミを入れられても、“仲良しクラブ”でじゃれ合っているようにしか見えません」(テレビ関係者)

 実際、同番組で「真剣に謝って!」などと矢口を口撃したダレノガレも、放送後にブログで〈矢口さんは本当にすごいと思う!〉〈矢口ちゃんは優しくて本当に良い人だからみんな暖かく迎えたんだと思います〉などとエールを送る始末だ。

「本来であれば、中途半端なじゃれ合いよりも、ガチンコでボコボコにされたほうが同情を買える余地もあって、矢口にとってはプラスなんでしょうけど、正直言ってそこまで矢口のことを責められる人はいないでしょう。“何とかしてあげたい”とは思いつつも、ヒール役を演じて、“火の粉が降りかかるのはゴメン”というのが共演者たちの本音だと思いますよ。今の矢口の叩かれぶりを見ていると、絡むにはあまりにもリスクが高すぎますからね」(スポーツ紙芸能デスク)

 完全復活するには、まだしばらくは世間の冷たい目にさらされなければならないようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!