スポーツ

一触即発!封印されたセ・パ監督「重大ハプニング」(2)中日・谷繁の2年目キャンプは?

20150305b

 2月15日、高血圧による体のふらつきを訴えた阪神・和田豊監督(52)が入院。17日に復帰したが、原因を巡って諸説が飛び交った。球団関係者が説明する。

「単なる飲みすぎでしょう。キャンプ開始から連日、スポンサーや後援会幹部などの接待にフル出場していましたから。その疲れが出たんじゃないですか」

 一方、別の球団関係者は、過度の「心労」を指摘する。

「キャンプを視察に来る評論家にことごとく『若手が育っていない』と苦言を浴びせられた。和田監督はとにかく各新聞を細かくチェックし、評論家の辛口コメント、提言をいちいち気にしている。決定打となったのは、2月11日に日本ハムとの練習試合を観戦した坂井オーナーの厳しい感想。スタメン出場の若手について、『期待から外れています。今日の試合にええ印象はない。今出ている選手がもう少し力強くアップしてくれたら』とダメ出ししたんです。和田監督は真っ青ですよ。それで血圧が上がったんじゃないか、と(笑)」

 昨年はキャンプ初日から視察に現れた中日・落合博満GM(61)が、今年は姿を見せていない。スポーツライターが言う。

「そりゃ、谷繁元信監督(44)はやりやすいですよ。選手兼任1年目の昨年は、現場に口を出さないと宣言したはずの落合GMがブルペンであれこれ『指導』するのを嫌がっていたから」

 ところが今度は、谷繁監督の評判が芳しくない。中日担当記者が明かす。

「自分の後任を育てなければならないのに、松井雅人(27)や桂依央利(23)といった正捕手候補者を鍛える様子もない。落合GMの目がないからか、『選手』として張り切りすぎで、ガゼンやる気になっているんです」

 球団内やOBからは「今年で(現役を)引退しろよ。まだやるのか」の声が出ているのだという。

 ますます本格化する大谷翔平(20)の二刀流が話題の日本ハムでは、栗山英樹監督(53)の行動が問題に。

「2月18日、張本勲氏(74)、大下剛史氏(70)という2人の大物OBが来ました。ところが一軍練習日にもかかわらず、栗山監督はなぜか二軍の試合の視察に行ってしまった。OB2人は『何で栗山がいないんだ』『来ることは事前にわかってるだろ』とご立腹。二刀流反対論者の張本氏は直前のテレビ番組で、大谷に直接モノ申すと予告していましたから、厳しいことを言われるのを恐れて“逃亡”したのでは‥‥」(球界関係者)

 意外に器が小さい!?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声