芸能

2015最新調査!人気美女アナの“本性”を徹底分析!(6)夏目三久は彼氏とのデート中…

20150305m

 温和な雰囲気のあるフリーアナの夏目三久(30)も私生活では、こんな女王様ぶりを発揮していたとか。

「以前つきあっていた彼氏と夏にデートしている最中、温泉に誘われた。すると、『こんなに暑いのに入りたくない』と怒り、そのまま帰ったんだそうです」(織田氏)

 ところで、美女アナの中には、いずれも併せ持つ“両刀使い”と判定せざるをえない者もいた。オリコンの調査で2年続けて「人気NO1アナ」に君臨し続ける日テレの水卜麻美アナ(27)は、情報番組「ヒルナンデス!」で、有吉弘行に、「生まれたての子豚」や「白い大福」など、罵詈雑言を浴びせられ、M女として“調教”されているが、社内では別の顔を見せている。

「テレビでは、『やだー、恥ずかしい』が口癖ですが、若手アナで構成される『水卜会』では、さながら女王様のような扱いを受け続けています。何でも5時間続くこともあるという収録後の飲み会では、『今日のミトさんは最高です!』と、ほめ続けなければいけないとか」(日テレ局員)

 フジの三田友梨佳アナ(27)も、「二刀流」のクチ。昨年8月、西武ライオンズの金子侑司との交際が発覚。「ワイドナショー」に出演した際、冒頭から交際報道について取り上げられた時には、ダウンタウンの松本人志(51)から根掘り葉掘り騒動について聞かれ、たちまちウルウル涙目に。思わず他の出演者から、「サディスティックな番組ですね」と声が上がるほど「Mっぷり」がヤケに絵になっていたのだ。

 だが、交際発覚の直後から金子が成績不振になり、スタメン落ち。負傷して出場登録を抹消されると、一転してSに豹変。

「結果の出ない金子に対して、相当強く叱責したそうです。本来はお嬢様気質で気が強く、隠れドSの異名を持っています」(織田氏)

 えりすぐりの才色兼備の美女アナたちがテレビで見せる優しい笑顔の裏には、やはり強烈な“性癖”が隠されているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」