スポーツ

テリー伊藤対談「棚橋弘至」(1)プロレスに対する先入観が壁だった

20150312o

●ゲスト:棚橋弘至(たなはし・ひろし) 1976年生まれ、岐阜県出身。新日本プロレス所属。第45代、47代、50代、52代、56代、58代IWGPヘビー級王者。99年に新日本プロレスに入門。同年10月デビュー。06年7月、IWGPヘビー級王座決定トーナメントを制し、同王座を初戴冠。今年2月11日のIWGPヘビー級選手権試合では、前王者のAJスタイルズに敗れ王座を陥落。4月5日には春のビッグマッチ「INVASION ATTACK」両国大会に出場。近著に「棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか」(飛鳥新社)。

 新格闘技ブームに押され、一時期人気が低迷した新日本プロレス。しかし今や興行収入はV字回復を遂げ、新規ファンを取り込み再び息を吹き返した。その立て役者である“100年に1人の逸材”棚橋弘至が登場! 新時代を切り開いたプロレスラー誕生の秘密に、天才テリーが迫った!

テリー 新日本プロレスの人気がV字回復で、本当に勢いがありますよね。

棚橋 おかげさまで。

テリー 一時は低迷して、「もう解散するんじゃないか」みたいな雰囲気だったじゃないですか。何が回復の秘密だったんでしょう。

棚橋 頑固だったのと、諦めが悪かったのと(笑)。プロレス番組がだんだん深夜帯になって、(アントニオ)猪木さん、(ジャイアント)馬場さんを知らない世代の子が増えてきたんですよね。

テリー 昭和プロレスの黄金時代を知らない子たちが、当然、出てきますよね。

棚橋 だけどそれは、逆に考えると、プロレスの魅力をアピールできるという、ビジネスチャンスが残っていると思ったんです。

テリー おお、なるほど。

棚橋 だから前のファンを呼び戻すことよりも、プロレスをまったく知らない人にこそ、もっと観に来てもらおうと思ったんですね。

テリー 具体的には、どんなことをしたんですか。

棚橋 まずプロモーション活動の中で、コミュニティラジオやタウン誌を回るんですね。そうすると、番組スタッフさんや編集の方はプロレスを知らない女性の方が多くて、そういう人はプロレスに対する先入観が強いんです。「怖い」「血が出る」「凶器攻撃がある」とか。だからまず全力でそのスタッフさんたちを口説くんですね。とにかく、自分の目の前の人に魅力をわかってもらわないと。

テリー どんなことを話すんですか。

棚橋 プロレスの話は一切しなかったですね。

テリー そうか。まずは「棚橋弘至」という人間を知ってもらいたいと。

棚橋 そうなんです。プロレスより先に「人間」を売り込みましたね。バカ話をしたりして、まず自分という人間を好きになってもらって、それから「棚橋さんの試合だったらちょっと観てみたいかな」というところに持っていく。

テリー 棚橋さんは格好いいし、話もおもしろいからね。

棚橋 あとは「情報は伝わらないものだ」と思って、繰り返し自分から情報を発信するようにしました。

テリー というと?

棚橋 例えば、地方で試合が終わってコンビニに行った時、ファンの方に「棚橋さん、握手してください」と言われて、握手するんです。すると「どうしてココにいるんですか?」と聞かれるんですよ。プロレスが好きな人でも、地元で試合をやっていることを知らないんですね。もしも知っていたら、会場まで来てくれたかもしれないのに。

テリー PR不足だと。

棚橋 今はツイッター、ブログと自分たちで発信するツールがあるので、とにかく繰り返して伝えていかなければならない。でも、そうやって初めて会場に来ていただいたとしても、いろんな選手がいて、技の名前もたくさんあって、一度に覚えられるわけがないんですよね。

テリー 試合の運び方も違うしね。

棚橋 だから名前まで覚えてもらわなくても、お客さんにはとにかく楽しい記憶を残して帰ってほしいなと思って、試合後に「エアギターを弾く」ということも始めたんです。「あの選手、試合に勝って、最後は楽しそうにエアギターを弾いてたよ」という記憶は残るじゃないですか。

テリー 試合そのものだけじゃなくて、会場の空気とかね。なるほどね。

棚橋 定食屋さんでも、値段以上においしくて、ボリュームがあったら「また行こう」となりますよね。だから「うちはストロングスタイルだから、こういう味なんです」っていう頑固親父の店ではなくて、「来てくれたお客さんが欲しいと思う味を出す」という形にしました。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合