スポーツ

テリー伊藤対談「棚橋弘至」(2)昔からのファンには嫌われた?

20150312p

テリー でも新日みたいな老舗で新しいことをすると、いろいろ軋轢もあったんじゃないですか。

棚橋 アレルギー反応もありましたね。昔ながらの新日のファンからブーイングが出て。

テリー 「やめろ!」って。

棚橋 そういうのもありますし、「生理的に嫌い」といった意見とか。「棚橋の試合は、俺は無理」とか。エアギターを始めた頃は、やっている時にお客さんが帰っていました。だけどめげずに「まだまだ帰るのは早いですよ」と言いながら続けたんです。

テリー そこで自分のスタイルを曲げなかったと。

棚橋 あとは低迷していた新日本を新しく変えるために、とにかく猪木さんのイメージから離れないといけないと考えて。僕が最初にやったことは、道場にかかっていた猪木さんのパネルを外すことでした。

テリー おお、すごい。

棚橋 「もう取りましょう」って。その頃は、僕が理想とするプロレスに自分自身の力がまだ追いついてなかったので、お客さんからのブーイングもしかたなかったと思います。でも必死で戦っているうちに、転換期が来るんですね。

テリー 認められた瞬間があったんですね。

棚橋 2009年の試合で、開始直後はブーイングだったのが、試合のあとに棚橋コールになったんです。

テリー どういう試合だったんですか。

棚橋 5月に中西(学)選手とタイトルマッチをやって、僕がベルトを取られた。そのまた1カ月後、同じ対戦カードで再びタイトルマッチをやったんです。中西さんもようやく取ったチャンピオンベルトですから、会場のファンも「中西に勝ってほしい」という声援が多かったんです。

テリー つまり棚橋さんは敵役だった。

棚橋 はい。中西さんはパワーもあるし、ダイナミックな技で防戦一方だったんです。でもそんな中で、自分が立ち向かっていく姿がファンの方に伝わったのかなと。その試合以来、声援が増えるようになっていきましたね。

テリー 今はどういったファンが多いんですか。

棚橋 お子さんや家族連れ、女性ファンがすごく増えました。

テリー 女性ファンが多いのは、うれしいですよね。

棚橋 はい。スターになれると思って新日本プロレスに入っているので。僕はサイン会でファンの方とおしゃべりする時も、「黄色い声援をお願いします」とあえて言います(笑)。

テリー 女性ファンが増えると、試合内容も変わってくるものですか。

棚橋 いえ。試合に関しては、昔ながらのプロレスも大好きですし、そこの部分は変えたりはしないんですね。ただ、ビジュアル面は洗練されてきました。

テリー 今の選手はガタイがいいのにオシャレだし、あとはよく話すよね。

棚橋 棚橋、オカダ(カズチカ)、中邑(真輔)、真壁(刀義)と、他のジャンルのスポーツと比べても見劣りしない肉体なんですね。一見して「鍛えてるな」というビジュアル面でアスリート性を前面に出してるんです。だからそこで口を開いた時の、選手の性格とのギャップがウケているんじゃないかなとも思います。

テリー そうだよね。真壁さんは体や顔はいかつくて「いかにもレスラー」なのに、「スイーツが大好き」っていうおもしろさがある。

棚橋 僕もプロモーションでチャラチャラしていたり、エアギターを弾いたりしてても、試合はド真剣にやってる、という部分が効果を生み出しているのかなと。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!