スポーツ

テリー伊藤対談「棚橋弘至」(2)昔からのファンには嫌われた?

20150312p

テリー でも新日みたいな老舗で新しいことをすると、いろいろ軋轢もあったんじゃないですか。

棚橋 アレルギー反応もありましたね。昔ながらの新日のファンからブーイングが出て。

テリー 「やめろ!」って。

棚橋 そういうのもありますし、「生理的に嫌い」といった意見とか。「棚橋の試合は、俺は無理」とか。エアギターを始めた頃は、やっている時にお客さんが帰っていました。だけどめげずに「まだまだ帰るのは早いですよ」と言いながら続けたんです。

テリー そこで自分のスタイルを曲げなかったと。

棚橋 あとは低迷していた新日本を新しく変えるために、とにかく猪木さんのイメージから離れないといけないと考えて。僕が最初にやったことは、道場にかかっていた猪木さんのパネルを外すことでした。

テリー おお、すごい。

棚橋 「もう取りましょう」って。その頃は、僕が理想とするプロレスに自分自身の力がまだ追いついてなかったので、お客さんからのブーイングもしかたなかったと思います。でも必死で戦っているうちに、転換期が来るんですね。

テリー 認められた瞬間があったんですね。

棚橋 2009年の試合で、開始直後はブーイングだったのが、試合のあとに棚橋コールになったんです。

テリー どういう試合だったんですか。

棚橋 5月に中西(学)選手とタイトルマッチをやって、僕がベルトを取られた。そのまた1カ月後、同じ対戦カードで再びタイトルマッチをやったんです。中西さんもようやく取ったチャンピオンベルトですから、会場のファンも「中西に勝ってほしい」という声援が多かったんです。

テリー つまり棚橋さんは敵役だった。

棚橋 はい。中西さんはパワーもあるし、ダイナミックな技で防戦一方だったんです。でもそんな中で、自分が立ち向かっていく姿がファンの方に伝わったのかなと。その試合以来、声援が増えるようになっていきましたね。

テリー 今はどういったファンが多いんですか。

棚橋 お子さんや家族連れ、女性ファンがすごく増えました。

テリー 女性ファンが多いのは、うれしいですよね。

棚橋 はい。スターになれると思って新日本プロレスに入っているので。僕はサイン会でファンの方とおしゃべりする時も、「黄色い声援をお願いします」とあえて言います(笑)。

テリー 女性ファンが増えると、試合内容も変わってくるものですか。

棚橋 いえ。試合に関しては、昔ながらのプロレスも大好きですし、そこの部分は変えたりはしないんですね。ただ、ビジュアル面は洗練されてきました。

テリー 今の選手はガタイがいいのにオシャレだし、あとはよく話すよね。

棚橋 棚橋、オカダ(カズチカ)、中邑(真輔)、真壁(刀義)と、他のジャンルのスポーツと比べても見劣りしない肉体なんですね。一見して「鍛えてるな」というビジュアル面でアスリート性を前面に出してるんです。だからそこで口を開いた時の、選手の性格とのギャップがウケているんじゃないかなとも思います。

テリー そうだよね。真壁さんは体や顔はいかつくて「いかにもレスラー」なのに、「スイーツが大好き」っていうおもしろさがある。

棚橋 僕もプロモーションでチャラチャラしていたり、エアギターを弾いたりしてても、試合はド真剣にやってる、という部分が効果を生み出しているのかなと。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”