スポーツ

テリー伊藤対談「棚橋弘至」(3)法学部時代は「アウェイ」でした

20150312q

テリー そもそも、棚橋さんはどうしてプロレスラーを目指したんですか。立命館大学をご卒業されているんですよね。

棚橋 法学部の公務行政コースというところで、政治について勉強しました。

テリー 立命館にプロレス同好会があったの?

棚橋 はい。入学式のあとでいろんなサークルが勧誘してる中、ブースがとにかく目立ってたんです。マスクをつけて、コスチューム着て、大音量で選手入場曲を流して。話を聞きに行ったら、すごく楽しそうだったんで、ちょっとやってみようかなと思って。

テリー でも「プロレス同好会」って、女にモテなさそうだよね。

棚橋 そうなんです(笑)。プロレス同好会はちょっとマイノリティで、蔑視されるグループ。でも逆に考えると、「あえてプロレス同好会に入る」という、プロレス愛にあふれた者たちの集まりなんですね。

テリー 確かに(笑)。そこでどんなことをしたんですか。

棚橋 体を鍛えたり、学園祭で試合をやったり。3年生の終わりに新日の入門テストに受かったので、4年生の時はひたすらレスリングと体を鍛えて。

テリー 同好会の他の人は、みんなプロにはなってないでしょう。

棚橋 はい。入学して、クラスで自己紹介の時間があったんですね。みんな将来の夢は、弁護士や公認会計士、司法書士で。

テリー そうだよね。だって法学部だもん。

棚橋 僕の番で「棚橋です、将来はプロレスラーになります!」と。

テリー ウケたでしょう。

棚橋 ザワザワ‥‥って。「こいつは何しにココに来たんだ?」という雰囲気でしたね(笑)。男は興味を持って話しかけてきたんですけど、女子はサーッと引いていきました。もういきなりアウェイ。

テリー 「変な男が1人いるわ」って。卒業は順調だったんですか?

棚橋 入門が決まった時、僕は大学を辞めようと思ったんですね。キャリアは1年でも早いほうがいいので。そうしたら長州(力)さんに「この仕事はケガするかもしれないし、将来のために大学だけは出とけ」と言われまして。ものすごい量の単位を残していたんですけど、残りの1年間で頑張って取りました。

テリー 偉いねぇ。入門してからはどうでしたか。

棚橋 寮のドアを開けた瞬間、みんなの練習靴がダーッと並んでいたんですけど、サイズが29とか30とか、とにかく大きくて、大変なところに来たと思いましたね。最初は3人部屋で、ウナギの寝床みたいな場所にベッドがあって。

テリー 練習にはついていけましたか。

棚橋 新日の練習がきついというのはファンの中でも有名で、スクワット500回とか1000回とかいうのを聞いていたので、それ以上の練習をふだんからしていました。その頃には体重も90キロになっていたので、入ってからもついていけました。

テリー 試合がある日も、練習は欠かさないんですか。

棚橋 追い込みすぎると、筋肉がパンパンになって動けなくなるので、試合の日は自分で加減します。地方に行っている時は、時間が空いたらジムを探したり。

テリー 飛び込みで行ったりも?

棚橋 そうですね。でも大手のチェーン店に行くと、マニュアルどおりに「初心者講習を受けてください」と言われたり(笑)。

テリー えっ、その体を見ても?

棚橋 タンクトップを着て行ってもです(笑)。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
5
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き