スポーツ

テリー伊藤対談「棚橋弘至」(3)法学部時代は「アウェイ」でした

20150312q

テリー そもそも、棚橋さんはどうしてプロレスラーを目指したんですか。立命館大学をご卒業されているんですよね。

棚橋 法学部の公務行政コースというところで、政治について勉強しました。

テリー 立命館にプロレス同好会があったの?

棚橋 はい。入学式のあとでいろんなサークルが勧誘してる中、ブースがとにかく目立ってたんです。マスクをつけて、コスチューム着て、大音量で選手入場曲を流して。話を聞きに行ったら、すごく楽しそうだったんで、ちょっとやってみようかなと思って。

テリー でも「プロレス同好会」って、女にモテなさそうだよね。

棚橋 そうなんです(笑)。プロレス同好会はちょっとマイノリティで、蔑視されるグループ。でも逆に考えると、「あえてプロレス同好会に入る」という、プロレス愛にあふれた者たちの集まりなんですね。

テリー 確かに(笑)。そこでどんなことをしたんですか。

棚橋 体を鍛えたり、学園祭で試合をやったり。3年生の終わりに新日の入門テストに受かったので、4年生の時はひたすらレスリングと体を鍛えて。

テリー 同好会の他の人は、みんなプロにはなってないでしょう。

棚橋 はい。入学して、クラスで自己紹介の時間があったんですね。みんな将来の夢は、弁護士や公認会計士、司法書士で。

テリー そうだよね。だって法学部だもん。

棚橋 僕の番で「棚橋です、将来はプロレスラーになります!」と。

テリー ウケたでしょう。

棚橋 ザワザワ‥‥って。「こいつは何しにココに来たんだ?」という雰囲気でしたね(笑)。男は興味を持って話しかけてきたんですけど、女子はサーッと引いていきました。もういきなりアウェイ。

テリー 「変な男が1人いるわ」って。卒業は順調だったんですか?

棚橋 入門が決まった時、僕は大学を辞めようと思ったんですね。キャリアは1年でも早いほうがいいので。そうしたら長州(力)さんに「この仕事はケガするかもしれないし、将来のために大学だけは出とけ」と言われまして。ものすごい量の単位を残していたんですけど、残りの1年間で頑張って取りました。

テリー 偉いねぇ。入門してからはどうでしたか。

棚橋 寮のドアを開けた瞬間、みんなの練習靴がダーッと並んでいたんですけど、サイズが29とか30とか、とにかく大きくて、大変なところに来たと思いましたね。最初は3人部屋で、ウナギの寝床みたいな場所にベッドがあって。

テリー 練習にはついていけましたか。

棚橋 新日の練習がきついというのはファンの中でも有名で、スクワット500回とか1000回とかいうのを聞いていたので、それ以上の練習をふだんからしていました。その頃には体重も90キロになっていたので、入ってからもついていけました。

テリー 試合がある日も、練習は欠かさないんですか。

棚橋 追い込みすぎると、筋肉がパンパンになって動けなくなるので、試合の日は自分で加減します。地方に行っている時は、時間が空いたらジムを探したり。

テリー 飛び込みで行ったりも?

棚橋 そうですね。でも大手のチェーン店に行くと、マニュアルどおりに「初心者講習を受けてください」と言われたり(笑)。

テリー えっ、その体を見ても?

棚橋 タンクトップを着て行ってもです(笑)。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

    SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。「盛らな…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人を辞めた元木大介に「ヘッドコーチ就任オファー」を出したのはあの「宇宙人監督の球団」か
2
【J1神戸】初優勝が三木谷会長の首を絞める大迫勇也・酒井高徳との契約更新「銭闘」
3
楽天球団「身売り説」再び!乏しい戦力でも補強の余裕なし…安楽智大の「パワハラ騒動」が拍車をかける
4
【現地ルポ】ゴーゴーバー連れ出し3.3万円…タイで夜遊びをすると日本より高い「厳しすぎる現実」
5
イチローは800万円⇒8000万円「MVP」最低年俸の阪神・村上頌樹「一気に大台1億」はあるか