芸能

テリー伊藤対談「彦摩呂」(3)まるで“養殖”扱い(笑)

20150326n

テリー 少し前までは、昼からずっとグルメのロケでも、夜に締めでラーメンと、仕事と関係ない時でも食べちゃうと言っていたでしょう。

彦摩呂 今はラーメンの習慣が一切なくなりました。お酒を飲んでも、ラーメンを食べたいと考えなくなって。脳みそも変わったんだと思うんです。

テリー じゃあ、逆にふだんの食事がもっとおいしくなるんじゃないですか。

彦摩呂 そうなんです。仕事以外では糖質を控えてますから、スープやサラダにしてロケに行く。すると本番で食べた時のリアクションも違いますね。

テリー 表情とか。

彦摩呂 この間はとんかつでしたが、いつもは控えていますから、ものすごいええ顔で食べてたんですよ。自分で言うのも何ですけど。「ウワッ、これ何や、やる気満々の顔やないか!」と思って。

テリー 空腹は最高のグルメっていいますもんね。痩せていいこと尽くしだ。

彦摩呂 でも、みんな「彦摩呂が21キロ減!」と話題にしてくださいますけど、99キロでも、デブはデブです(笑)。だからあと10キロは痩せたい。

テリー 石ちゃん(石塚英彦)もそうだけど、「太ってるから愛らしい」っていう部分もあるじゃない。そのへんはどうなの。

彦摩呂 激痩せはしないでおこうと思うんですよ。僕は自分が太っていく姿を視聴者に見られながらやってきたじゃないですか。

テリー 彦摩呂さんは、アイドルもしてたしねぇ。

彦摩呂 内山君なんて、3歳からデブやったんですよ。体重3桁時代、膝が痛くて痛くて内山君に相談したら「兄やん、それは関節がデブ仕様じゃないねん。俺は3歳からデブやから、関節も骨も細胞もデブ仕様や」と(笑)。

テリー ああ、なるほど。

彦摩呂 デブ仲間はみんな「俺たちは天然だ」と言うんですよ。で、僕は「養殖」扱いなんです。

テリー アハハハ! そうか、もともとは細いはずなのに、あとから太っただけなんだと。うまいこと言うなぁ。

彦摩呂 だから他のデブタレントさんと違って、「昔は痩せてたのに」と視聴者の皆さんから非難されるんですね。そこが悩みです。ぽっちゃりキャラも残しつつ、90キロぐらいがいいのかなと思ってます。

テリー グルメリポーターのお仕事は、これからも本職にしていく?

彦摩呂 はい。毎回違う一皿があって、食材もどんどん進化してますし、地方に行くとその土地の郷土料理が今も残っています。「食というのは終わりがないんだ」というのを感じます。

テリー 最近、印象に残った食事はありましたか。

彦摩呂 若い料理人たちの感性が、B級グルメから高級なものまで、いろいろなところに表れていますね。

テリー 例えば、どんなものがありました?

彦摩呂 福岡のお店で、「タワー鍋」というのを見つけたんですよ。

テリー 東京タワーの「タワー」?

彦摩呂 そうです。下の土鍋に鶏肉のおだしが入っていて、具は鶏肉と豚肉。その上に大量のお野菜がのって、ちょっとしたグリーンみたいになってるんです。

テリー 芝生みたいに。

彦摩呂 はい。よう見たら石川遼君が立ってるかなぐらいの感じで。

テリー アハハハ。

彦摩呂 そこに、牛肉のリブステーキを7ミリくらいの厚さで輪切りにしたものを、かまくらを作るみたいに立体的な筒状にして盛るんですね。

テリー へぇ。

彦摩呂 まさに霜降り肉のタワーにするんです。下からの熱で全体が温まったところに、タワー肉の頂点から熱々のおだしをスーッとかける。そうするとサシの入ったお肉がとろけだして、ダイナマイトでビルを倒壊させるような感じになる。

テリー タワーが崩れていくんだ。

彦摩呂 真下にとろけるように落ちると、鶏、豚、牛のおいしさが一緒になって。もう「お鍋のブレーメンの音楽隊」!

テリー (拍手)

彦摩呂 こういう新しい料理は、若いシェフの発想なんです。衝撃的でした。ベースのだしが鳥と豚のうまみですから、完成度が高いスープなんですよ。そこに牛肉が口に入ってくる。もう「ストップ・ザ・温暖化!」て言いました。

テリー また名言が出ました(笑)!

彦摩呂 「ホッキョクグマがここに住めるか!」いうぐらいに、ダーッと溶けだすようなうまみなんです。自分の口の中で、甘みが広がっていくんですよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
2
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
3
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
4
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史