スポーツ

女子アスリート15人の「私生活」最新生現場!(2)谷亮子の意外なテク

20150402g

 続いて、00年シドニー五輪で金メダル獲得後は03年に巨人(当時)の谷佳知と結婚、その翌年にはアテネ五輪でも連覇した元柔道の谷亮子(39)。その後、参院議員となったが、3月上旬発売の「週刊現代」が夫との半別居と、イケメン秘書とのイケナイ関係疑惑を報じたのだ。スポーツ紙デスクが言う。

「一般の人の反応はわかりませんが、正直、現役時代の谷を知っている関係者には、驚きはなかった。選手としては『ママでも金』と伝説的な活躍をした谷ですが、現役時代から、柔道や五輪選手に果敢にアタックして落とす攻め技は、当時から柔道界のレジェンドと呼ばれていた。オトされた男によれば『寝技』は変幻自在で、万力のような締めつけで、特に“緩急をつけて上半身の一部を使うテク”が格別の味わいだったとか‥‥」(スポーツ紙デスク)

 これぞ「夜のYAWARAスペシャル」!

 さて、谷議員に性豪ぶりでは負けないわ、とばかりに、自身の性欲について明かしてくれたのは、06年トリノ五輪でスノーボードハーフパイプ代表として出場した今井メロ(28)。言葉を選びながら、こう話す。

「草食系か肉食系かと言われれば、肉食系です。もちろんアスリートの食事は肉食ばかりではダメ、バランスよく食べないと、ですけどね。試合前にアドレナリンを出すためのセックスですか? 他の選手はわかりませんけど、私は、自分がドロップインして滑り出すところを夢に見るくらい競技に集中しているので、それはないですね。むしろ試合が終わってホッとしたところでなら、セックスしたい気分になりますよ。もちろん相手さえいればの話ですけどね」

 選手時代の「メロウセブン」を彷彿させる変幻セクシー肢体を披露するタレントに転向した今井。昔から群がる男も多かった?

「高校時代に個人で参加した海外の合宿所で複数プレイに目覚めました。それも外国人の女の子から誘われたのがきっかけです。もちろん、最初はどうしたらいいかわからないし、抵抗がありましたけど、酔った勢いで女性の顔にまたがって舐められるがままに身を任せてしまいました。それ以来、複数プレイの魅力にハマってしまいました。今でも誘われたら‥‥。相手しだいですけどね」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”