エンタメ

SIMフリー版の販売が再開!iPhoneをお得に利用する裏ワザとは?

20150402sim

 iPhoneを使ってみたいけど、月々の料金が心配だという人に朗報だ。アップルオンラインストアにて販売が再開されたSIMフリー版の「iPhone6」にすれば、月額2000円程度で快適なスマホライフを送れてしまうのである!

 いかにも魅力的な話だが、「っていうか“SIMフリー”って何?」という人も多いはず。そこでまずSIM(シム)とは何かということを、専門誌で活躍するI系のライターに聞いてみた。

「SIMとはiPhoneなどのスマホに必ず入っている部品のことで、電話番号など通信に必要な情報が収められています。このSIMをスマホ端末に挿すことで、電話として使えるようになる仕組みです。従来は、ドコモのスマホならドコモのSIMだけが使える“SIMロック”状態が普通でした。これに対して“SIMフリー”の端末では、どの会社のSIMを挿しても通信することができます」(IT系ライター)

 つまりSIMフリー版のiPhone6を買えば、ドコモのSIMを挿してもソフトバンクのSIMを挿しても、同じようにiPhoneとして使えるのである。なおiPhoneでは、通常のSIMより小さい「nano-SIMカード」を採用しているということは覚えておきたい。

 そしてここで注目したいのが、最近話題の「格安SIM」だ。スマホをお得に使えるとして注目されている格安SIMは、iPhoneにも対応しているのである。各社の公式サイトには対応機種が紹介されているので、そこに「iPhone6」が載っていることを確認しよう。

 この格安SIM。安い業者だと音声通話もできるタイプで月額1260円なんて激安料金も! 日々のネット閲覧などに不自由しないと思われる5GBタイプだと1970円~2500円程度だ。これに対してドコモだと月5GBのプランが7200円。年間ならなんと6万円ほども得する計算になるのである。これはSIMフリー版を買うしかない!?

 ここで気を付けたいのが、iPhone6本体の購入価格。ドコモの場合、64GBモデルを24ヵ月分割で購入した場合の支払総額は1万2960円で済む。月々サポートという割引制度が用意されており、大幅に安くしてくれているというわけだ。

 一方でSIMフリー版のiPhone6は9万8800円とかなりお高め。ドコモ版との差額は8万5840円にも及ぶ。これではいくら月額料金が安くても、1年では元が取れない計算だ。ただしドコモの支払総額はあくまで、24ヵ月分割払いでの話。格安SIMも24ヵ月使い続ければ、月額料金の差額は合計12万円になる。つまり2年単位で見れば、やはりSIMフリー版のほうがお得になるのである。

 なお格安SIMの場合、通話料金が別途かかる点には注意が必要だ。ドコモならカケホーダイプランがあるので、通話料金はほとんどタダ。もしあなたが自分からがんがん電話を掛けるタイプであれば、ドコモなどで普通に契約したほうが安上がりになる可能性もあるということは覚えておきたい。

 一方でスマホは情報端末だと割り切り、電話は受けるだけというタイプであれば、ぜひSIMフリー版+格安SIMの導入も検討してみてはいかがだろうか。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
浜辺美波、「バスト突起」騒動にフォロワーは「歓喜」より「心配」のワケ
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?
5
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!