芸能

安藤美姫、インスタグラム炎上から3カ月でネット評判が激変した「理由」

20150407ando

 安藤美姫(27)が4月4日、自身の写真共有アプリ、インスタグラムを更新。3月に行われたフィギュアスケート世界選手権で優勝した4歳年下のスペイン人恋人、ハビエル・フェルナンデスとの写真をアップした。芸能ライターが言う。

「どうやらハビエルは試合後に来日。安藤と安藤の娘、ひまわりちゃんと3人の日々を楽しんでいたようです。ひまわりちゃんは3日に2歳の誕生日を迎え、3人はそろってディズニーランドへ。肩車するハビエルの姿や、3人で手をつなぎ地面にできた影をそのまま撮影した写真をアップしています。優勝のお祝いも一緒にしたようです」

 ハビエルはラテン系なだけに表現はストレートそのもの。これまでに安藤の笑顔のドアップ写真を載せ、「I MISS YOU(あなたがいなくて寂しい)」とつぶやいたりもしている。

「公開ラブレターですね。今はラブラブの真っ最中。試合でも最高の結果が出せているから、ハビエルにとって『あげまん』の安藤は手放せない存在なのでしょう」(前出・芸能ライター)

 安藤のインスタグラムが大騒動を巻き起こしたのは元旦のことだった。年賀状よろしく母娘とハビエルの顔出し3ショットを公開した。すると、たちまちシングルマザーである安藤を罵倒する人、父親の素性を明かさない安藤への悪口、安易に子供の顔をさらした不注意をなじる者などネットが炎上。安藤は果敢にもこうしたバッシングに真っ向から立ち向かった。

 自身の背中に「LOVE」と描いて、鏡越しに見ると「HATE」と読める写真をつけた。そしてこう綴ったのだ。

〈私の事が嫌いだったりするのは構いません。 ですが、新年からSNS上でネガティブな嫌味なコメントは控えて頂きたいです。 私はもう何を言われようと傷つきません。 私の事が嫌いだったりコメントがしたいならご自分のアカウントで私を名前だけタグ付けしたりDMで送ったらいかがでしょうか? そうしたら私だけがあなたのメッセージを見られますし、他の方が嫌な思いをされなくてすみます。 私の事が心から嫌いなのであれば見なければいいし、気にしなければいいのではないでしょうか? 本当に嫌いな人の事って気にもならないでしょ? でもこんな風にコメントするという事は、どこかで気になっているから。 そしてあなたが何か幸せではないからだと思います。 “HateとLove”って実は同じ。心が現すもの。イコール あなたにはまだ心があるって事。 私の人生は私のもの。 あなたのものではありませんから。 あなたはあなたの人生をまず見て幸せになってください〉

 あれから3カ月が過ぎた。現在の状況はどうなっているのか。ネットライターが説明する。

「熱狂的なフォロワーが多いです。頑張り屋のシングルマザーを励ましたり、褒めたりと随分と守られている感じがします。更新の回数も多く、内容も多岐に飛んでいてなかなか面白い。娘の写真は後ろ姿を出したり、斜め上から顔がわからないように写したりと、ずいぶんと工夫しているようです。批判コメントが見当たらないのは、削除機能をフル活用しているからだと思われます。今は検索してもすんなり安藤のインスタグラムにはたどり着けない仕組みになっていますから」

 ともあれ、アンチとの不毛な衝突はいつまで続くのか?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題