エンタメ

水島新司が地元・新潟商店街の「ドカベン像」を突如撤去要請?

20150416k

 野球マンガの最高峰として国民的な人気を誇る「ドカベン」。その作者である水島新司氏の地元・新潟市で、マンガよりも奇天烈なトラブルが勃発している。町のシンボルに君臨していた「ドカベン」たちの銅像が、作者の意向で撤去の危機というのだが‥‥。

「古町は私が少年時代を過ごしたところ。少しでも商店街の活性化に貢献できれば」

 02年12月14日、新潟市古町通五番町商店街で行われた除幕式で、マンガ家・水島新司氏(75)は喜々として「プレイボール!」を宣言した。さびれた商店街を再生させるために作られた「水島新司まんがストリート」の目玉として、人気キャラの「ドカベン」や「あぶさん」など7体のブロンズ像が設置された。以来、10年以上も商店街のシンボルとして愛されてきた。

 ところが、今年3月末をもって撤去するようにと、水島プロダクションが弁護士を通して通告したのだ。突然の事態に同商店街・池一樹理事長は驚きを隠せない。

「そのことに関しては協議中のため、商店街としてはノーコメント。ただ、撤去にはまだ着手していません」

 ドカベンの舞台・明訓高校は新潟に実在する高校であることからも、その郷土愛の強さで知られる水島氏。水島プロの代理人の弁護士は「管理がなっていない、作者の意図に合わない」ことを撤去理由としているが、オープン時の水島氏の喜びようを思えば、何とも不可解なのである。

 評論家で日本マンガ学会会長でもある呉智英氏も首をひねるばかり。

「新潟はマンガの町おこしに熱心で、水島さんを審査委員長にして『新潟マンガ大賞』を開催したこともありました。銅像に関しては水島さんの好意で版権使用料も取らずにきていただけに、円満な解決方法はなかったのかと思います」

 地元の商店街だけではない。新潟市としても観光循環バスやマンガ・アニメ情報館に水島氏のキャラクターを使用してきた。04年の発車セレモニーでは、水島氏がこう話している。

「感無量もいいところですね。私のキャラクターが毎日毎日、同郷の人たちの目に触れるわけですから」

 こちらも3月末で打ち切りとなり、地元で愛された「ドカベン号」が姿を消している。新潟市役所・文化政策課の担当者が語る。

「市としては無償ではなく、これまで版権使用料を払っていました。ただし今回は、水島プロさんのほうから『版権管理業務を縮小したい』とのことで、版権が終了しました。市民の皆さんにとっても愛着があるので、何とか継続していただけないかとお願いしたのですが‥‥」

 銅像を巡って水島プロ側が「管理がなっていない」ことを理由としたため、地元ではさまざまな憶測が流れた。1つは「ドカベンのケツバット」に作者が激怒したのではないかという説。

 ドカベンこと山田太郎の像は、ちょうどバットを振り抜く状態になっている。そのバットの部分に女の子たちがお尻を突き出して写真を撮ることがブームになり、ネット上に「ケツバットガール」なる画像まで出没した。

「それは理由ではないでしょう。むしろ、それだけドカベンのキャラが愛されている証拠ですから」(前出・呉氏)

 商店街や市サイドも黙して語らずだが、地元でささやかれているのは「使用料の吊り上げがあったのでは?」との声。現在、水島プロの業務を取りしきる長男の新太郎氏が“暗躍”しているのではないかと、地元のみならず、マンガ業界からも漏れ伝わってくる。

 はたして、なぜ水島氏の地元で撤去騒動が起きたのか。水島プロを直撃すると、不機嫌な声で答えた。

「その件に関しては弁護士に一任していますから。もう電話を切りますよ!」

 山田や岩鬼らが繰り広げた「甲子園の激闘」のように、さわやかな幕切れとはなりそうもない‥‥。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから