芸能

キャンディーズ「春一番」が解禁!「日本の放送禁止歌」70年代編…山口百恵、ピンク・レディー

20150429kinshi_a

「雪がとけて川になって~♪」

 キャンディーズの「春一番」がこの3年間、カラオケで歌えなくなっていたのをご存知だろうか。

 今年1月、キャンディーズの数々の楽曲を手がけてきた穂口雄右氏が、「春一番」と「夏が来た!」の著作権管理を、退会していたJASRACに戻すことを発表。「抹殺」されていたあの名曲が3年ぶりに解禁となり話題を呼んだ。

 これまでも、有名歌手の数々の名曲が諸事情により発売拒否、歌詞変更、放送中止の憂き目にあってきた。そうした知られざる「放送禁止歌」の一部を紹介しよう。

 まずは70年代から。75年に「およげ!たいやきくん」で457万枚を売り上げた子門真人が、その3年後にリリースしたのが「スターウォーズのテーマ」。

「映画『スター・ウォーズ』の日本語バージョンでしたが、権利の問題でアメリカ側からクレームが入り、回収されました」(音楽ライター)

「歌詞換え曲」として有名なのは、山口百恵の代名詞ソング「プレイバックPART2」。

「商品名であるという理由で、一時期NHKの歌番組では歌詞の『ポルシェ』を『クルマ』と変更させられていました」(前出・音楽ライター)

 同じくNHKに怒られたのは美川憲一の「お金をちょうだい」。その理由は──、

「『別れる前にお金をちょうだい。そのお金でアパートを借りるの』という内容が不適当として、当時のNHKで歌唱禁止になった」(音楽誌編集者)

 76年には国民的アイドルのピンク・レディーの「S・O・S」も問題視されている。

「レコードで冒頭に使用したモールス信号『SOS』の効果音が、当時の電波法に触れるとして、放送時にその部分がカットされました」(前出・音楽ライター)

 ブルース・バンドの憂歌団に突きつけられたのは、「職業差別」というレッテル。

「デビューアルバムに収録されていた『おそうじオバチャン』がその指摘を受けました。のちに反論ソング『お政治オバチャン』を発表しています」(前出・音楽誌編集者)

“危ないものはやらない”音楽業界全体にそんな空気が漂い始め、そして80年代に突入していく──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
竹内涼真、三吉彩花との「交際」報道に「手越と一緒!」批判のワケ
2
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
土屋太鳳、新CM動画で見せた“はち切れバスト”の破壊力!
5
出水麻衣“胸元ザックリ”攻め衣装は“超肉食”健在の誘惑アピール!?