芸能

芸能マネージャーは見た!タレントの「間違った決断」暴露座談会(1)壇蜜はなぜ失速?

20150428manager_a

 もしもタイムマシーンがあったら、戻って言ってやりたい。「その決断、ちょっと待った!」と。芸能プロのマネージャーたちが有名タレントの「間違った決断」を指摘した。

A(アイドルグループのマネージャー)昔と比べてグラビア系のタレントの寿命が長くなったと思わない?

B(グラドルのマネージャー)確かに。前は23歳なんてオバサン扱いだったのに、今は30過ぎでも現役でグラビアをやっていたりするね。32歳でブレイクした壇蜜も週刊誌にはテングになって干され気味って書かれてたけど、実際はスタッフ受けがすごく良いし、また一緒に仕事したいって声をよく聞くよ。

C(バラエティタレントのマネージャー)「愛人キャラ」がかぶっている橋本マナミがブレイクしてきて、壇蜜のポジションを奪っているね。彼女の所属事務所はテレビにシフトして、グラビア仕事はやらない方針に方向転換したと聞いたけど、この戦略は失敗だと思う。一方の橋本は、今でも積極的にグラビアに登場して、際どい露出もいとわないし媒体も選ばないから出ずっぱり。かつての壇蜜のポジションにすっぽり収まっている。

A お互いバチバチに意識し合っていて、テレビ局も共演NGにしているようだね。

C 逆に、子役は本当に寿命が短くなってるね。身長120センチまでが勝負で、成長すると需要がなくなるから。元子役で「天才てれびくん」に出ていた橋本甜歌は、言葉遣いが汚くて態度が悪かったな。「てんちむ」としてギャルキャラで再登場したけどキャラ作りに失敗したのか、空気読めなくてバラエティ向きじゃなかったし、清純派に戻したり、映画で脱いだりしたのに全く話題にならなかったね。

B 元AKB48の大島麻衣がフリーマーケットのトークショーイベントに来ていたんだけど、お客さんでごった返す会場の中、誰も興味なかったみたいで観客はほぼゼロでかわいそうだったな。あのままAKB48にいればもう少しは知名度が上がったのにね。前田敦子や大島優子に並ぶエース格だったのに。

A 元AKB48なら小野恵令奈もソロデビューしたけどパッとしなくて早々に引退しちゃって、あっち系のビデオからオファーが来てるみたいだね。お姫様気質のあの子の性格じゃ、ちやほやされたら簡単に脱いじゃいそうだけど、前事務所を辞める条件に「脱がない」「週刊誌に登場しない」という約束があるって聞いたよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道