芸能

ドラマは地味すぎ、バラエティでは言い訳…「カッコいいキムタク」はどこへ?

20150508kimura

 4月期のドラマもそれぞれ回を重ね、視聴率争いにおけるテレビ局の悲喜こもごもの声も聞こえてきている。

 注目は、木村拓哉主演の「アイムホーム」(テレビ朝日系)だ。初回は今期の連ドラで最高視聴率となる16.7%を記録。これまでヒーロー像を演じることの多かった木村が見せるうだつの上がらぬ姿に、大きな反響が寄せられた。しかし、かつて出演した連ドラでは伝説的な視聴率を叩き出してきた木村である。この「16.7%」を「最高」と手放しで喜んでいいものなのか。

「この“今期最高”の初回視聴率は、実はキムタクが主役を張り続けてきた過去20年で最低の数字です。さらに、第2回では15%を割り込んだこともキムタク作品では前代未聞のこと。初回は妻役の上戸彩のオメデタによる“ご祝儀”だった可能性が高い」(芸能記者)

「初の父親役」ということで話題を呼んでいるとはいえ、やはり総理大臣、アンドロイドと比べるとどことなく地味な感じがあるのは否めない。

「ツッコミどころがないせいか、こじんまりとしているイメージ。世間の注目もキムタクの“チチ親”よりも、産休直前で巨大化している上戸彩の“チチ”のほうに集まっています」(前出・芸能記者)

 ドラマだけでなくバラエティでも、キムタクに“陰り”が見られた。3月30日に放送された「SMAP×SMAP スマスマ初のスター大運動会SP」(フジテレビ系)で、SMAPメンバー5人で競った50メートル走の結果は4位。

「先頭を走っていた中居正広が途中で転ばなければ最下位だった。その後、キムタクが『朝の4時半まで酒を飲んでいたから』『だから悔しいもクソもないんですよ』と言い訳がましく弁解したことで、ネット上では『カッコ悪すぎる』と失笑をかいました」(テレビ誌ライター)

 ドラマの視聴率を盛り返し、“カッコいいキムタク”を取り戻すことができるか?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ秋元優里“竹林不貞”の裏で夫・生田竜聖アナの体に「大異変」!
2
国歌斉唱でニヤニヤする選手も!プレミア12野球日本代表に“不快だ!”の声
3
坂上忍「暴君MC」に芸人が続々降板!「織田裕二を呼び捨てにして怒らせた」
4
「タピオカ恫喝」木下優樹菜が夫と離婚危機!?TV界「マジギレ事件」一挙公開
5
工藤静香、瀬戸朝香、木村佳乃…“ジャニーズの嫁”になる「暗黙の条件」が凄い!