芸能

矢口真里、「人生の教科書」にすべきは「ONE PIECE」よりも石田純一?

20150518yaguchi

 矢口真里への逆風が収まらない。4月に出演した「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)の人気企画「格付けしあう女たち」では「いい奥さんになりそうな女」アンケートで最下位、2月の同番組でも「裏表のありそうな女」のワースト1位に続き“二冠”を達成した。

 さらに、5月12日放送の「有田チルドレン」(TBS系)で、「人生の教科書」だという人気漫画『ONE PIECE』について「芸能界と通じるものがある」と熱弁。自身の離婚を踏まえた「『ONE PIECE』って恋愛は描いてない。だから(私は)失敗した」という発言に、ネット上では「自分のミスを『ONE PIECE』のせいにするな」「矢口真里は二度と『ONE PIECE』を語るな」と大ブーイングが巻き起こった。

 もっとも、復帰が絶望的だったことを考えると、今の状況はかなりうまくいっているとも言えるが、世間の“矢口アレルギー”の強さは、本人の予想以上だったのではないだろうか。

 スポーツ紙の芸能デスクは、「石田純一の成功例が矢口復活のヒントになる」と言ってこう続ける。

「石田はそれまでは俳優でしたが、例の“文化発言”があまりに悪く、それ以降はドラマに呼ばれることがほとんどなくなりました。そこでシフトチェンジし、女好きなイメージを前面に出し、バラエティに進出。自虐的に笑わせるネタを提供することで今の成功につながったのです。幸運なことに矢口はまだまったく忘れられているわけではありませんから、騒動を笑いに変えることができれば、以前の地位に返り咲くことはたやすいはずです」

 実は、矢口に対して応援したがっているタレントやマスコミ関係者は意外に多いのだという。

「にもかかわらず、所属事務所は自虐キャラが必要な仕事はほとんど断わって、キレイな仕事ばかり選んでいる。応援する側の忍耐力もいつまでも続かないのだから、早く“言い訳だらけな女”のイメージを払拭すべきだと思いますが」(テレビ関係者)

 大好きな「ONE PIECE」にならって、「快楽王に私はなる!」くらいの開き直りを見せてもらいたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
5
「落合さんの言うことを聞いておけば良かった」あの日ハムOBが動画で“猛省”