スポーツ

オフの補強に失敗した大阪2球団「阪神・オリックス」が交流戦で因縁対決

20150604t

 昨オフも補強で失敗を繰り返した阪神にとって、今季、最もライバル視しているのはオリックスだ。

 在阪のスポーツメディア関係者が言う。

「交渉する前からロッテの成瀬善久(29)には逃げられた。日本ハムの宮西尚生(29)も迷ったあげく残留を選択されてしまった。今季は中継ぎが手薄で、宮西に関してはベンチから『あいつ、おったらな‥‥』との声が聞こえます。目玉の補強だった中島裕之(32)については、昨シーズン途中に日本復帰の意思を確認した段階でいち早く接触に成功したのが阪神でした。ところが、4年総額15億円という大型契約でオリックスに横取りされてしまった。負け惜しみにしか聞こえませんが、一部の阪神フロントは『予想どおりケガしよったな』と漏らしています」

 補強のままならなかった阪神は、オリックスからFA宣言をした金子千尋(31)獲得に望みを託したのだが、日米を股にかけてあれだけ騒動になりながら、結局、残留したのは周知のとおりである。

「実は、阪神には金子入団の脈があったと言われているんです。というのも、本音がどこにあるかもわからず、交渉は進みませんでしたが、阪神は昨年、都内で中村勝広GM(65)らが金子の代理人と直接会って話しています。具体的な話も出ていたから、残留表明には“肩透かし”を食らった形。球団創設80周年記念イヤーの補強戦略をことごとく潰され、オリックスに対する怨念は高まる一方でした。オープン戦の時から、首脳陣が『オリックスだけは潰す』と、いきまいていました。金子が戦線復帰した今、その思いは、さらに増しているでしょう」(在阪スポーツメディア関係者)

 一方、阪神に妬まれながらもオフに大補強を成功させたかに見えたオリックスだが、最下位で交流戦に突入する体たらくである。オリックスに選手を提供したセ球団からは、笑い声も聞こえてくる。

「5月18日に右股関節痛で今季すでに2度目の抹消をされたブランコ(34)ですが、昨オフに放出したDeNAの高田繁GM(69)は『どうぞ、どうぞ』というスタンスだった。DeNAの球団関係者は『機動力野球がうまくいっているのに変な補強だよな』と、はなから補強戦略をいぶかしげに見ていました」(スポーツライター)

 バリントン(34)を手放した広島も、ほくそ笑んでいるようだ。毎年10勝前後の勝ち星を計算できた投手だが、チームの和を乱してもいたという。

「中6日では調子が悪いため、広島では『中5日にしてくれ』と文句をつけていた。実際、要望を受け入れた結果、そのあおりを受けて登板間隔に狂いが生じたり、ローテを飛ばされる投手が出て、前後を投げるピッチャーの調子を落とさせていたんです。広島はバリントンがいなくなって新外国人・ジョンソン(30)が大活躍。一方、主に中6日で登板しているバリントンは案の定、2勝3敗、防御率4.17(5月22日現在)というありさまですからね」(スポーツ紙デスク)

 ちなみに広島の緒方孝市監督(46)は交流戦に関して、「パの下位チームから確実に勝つ」と展望を語っているというが、シーズン前にはともに優勝候補と予想されていたオリックスと、下位同士で交流戦を迎えるとは思いもしなかっただろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
5
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権