スポーツ

初V美女ゴルファー“藤田光里”を襲った「試合ドタキャン」トラブル

20150611h

 先のフジサンケイレディスクラシック(4月24日~26日)で初優勝を飾った美人女子ゴルファー藤田光里(20)がピンチに陥っている。専属キャディの「不適切な言動」でマスコミとLPGA(日本女子プロゴルフ協会)を敵に回すトラブルが発生。試合をドタキャンするハメになったのだ。

 発端はフジサンケイレディスで5メートルのバーディーパットを沈め、初Vを達成した瞬間だった。藤田は一目散に16歳年上の専属キャディ・O氏のもとへと駆け寄り、ガッシリと熱い抱擁。O氏は藤田を抱き締めながら「いい子、いい子」と頭をなでたのだが、この「通常のゴルファーとキャディの関係とは思えない行為」が物議を醸したのだ。カメラマンが言う。

「LPGAの樋口久子相談役から『選手は子供じゃないので、頭をなでるのはやめてほしい』と、いさめられていました」

 この抱擁に関し、「ただならぬ仲」を疑った「週刊現代」がO氏を直撃。2人の関係を問いただすと、O氏は藤田と恋人関係にあるともないとも取れる、曖昧な返答をしたのだった。

 だが、ここでO氏はまた問題発言を繰り出した。

「僕はもっとキャディが注目されてもいいと思っています。僕は武豊さんのようになりたい。武さんが乗ると、人気の薄い馬でも一気に人気が高まるでしょう?」

 ゴルフ専門誌記者が明かす。

「一見、キャディの地位向上を願うようにも聞こえますが、プロゴルファーやLPGA関係者からは『何様のつもりだ。馬とゴルファーを一緒にするな』と怒りの声が噴出しました」

 O氏はさらに、マスコミとも揉め事を起こした。

「初V後、雑談中の報道陣のそばを通りかかり、『(あの優勝は)まぐれだよ』という言葉が耳に入ると、『まぐれってどういうことですか』と迫り、一触即発の事態になったんです。『2勝してこそ』という意味合いにもヘソを曲げ、翌週には囲み取材中の報道陣の輪に、『邪魔だ』とわざとぶつかる行為に出て、記者と大ゲンカになった。O氏の『マスコミは皆、敵だ』と言いたげな態度に、両者の溝は深まり、事態を知ったLPGAもこの騒動を問題視しました」(前出・カメラマン)

 パートナーの言動で次々とトラブルが発生し、トバッチリを受けた藤田とO氏の間には険悪な空気が充満していく。

「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン(5月22日~24日)で、プロアマ戦と夜のパーティに出席したにもかかわらず、翌朝、姿を見せずに試合をドタキャン。クラブハウスには『体調不良』と貼り出されていましたが、理由はO氏とのケンカでした」(前出・カメラマン)

 大会前日のプロアマ戦は通常、プロとそのキャディ、アマチュア3人にハウスキャディの計6人でラウンドし、試合の冠スポンサー(主催者)をもてなすもの。スポンサー側の参加者は、人気選手とラウンドできるとあって、楽しみにしているイベントである。ところが、ここでもまさかの事態が勃発していたのだ。LPGA関係者が嘆息する。

「初優勝したばかりで、あの美貌と笑顔の藤田となればなおさらで、ワンポイントレッスンも期待する。ところが、O氏はキャディ業務を怠るどころか藤田と口論を始め、場が凍りつくような態度もあったようなんです。不快感を抱いたスポンサー側がLPGAに通告し、事態が発覚。トーナメント規定の『キャディはエチケットとマナーを守る』に違反したと判断され、コトここに及んで、ヨネックスレディスゴルフトーナメント(6月5日~7日)までのO氏の職務停止が言い渡されました。藤田に対しては、キャディの行動についての注意処分でした」

 藤田は処分直後のリゾートトラスト・レディス(5月29日~31日)も「左手首痛」を理由に欠場。

 おそろいの指輪をする藤田と「恋人キャディ」O氏は、はたしてコンビ電撃解消、破局という痛恨のミスショットに及ぶのか──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
5
初写真集は20万部突破ある!田中みな実、「先端コリコリ胸」を“リアル”公開