スポーツ

落合福嗣クンだけじゃない、名選手たちが輩出した“ドラ息子”たち

20150627dora

 TOKYO MX系テレビアニメでの声優デビューが話題となった、中日ドラゴンズ・落合博満GMの長男・福嗣クン。一部スポーツ紙には「母は泣き、父は涙こらえエール」「パパ&ママを泣かせた念願の定職!」などと、仰々しいまでの感動的な見出しが躍った。

 2010年に一般女性との結婚を明かした福嗣クンだが、じつは大学を卒業できたのは2013年のことだった。

「その間、歌手デビュー、コラム執筆とマルチな活動を続ける一方で、安定した職には就いていなかった。父である落合GM、母の信子さんとも、内心ではかなり心配していたようですね」(スポーツ紙記者)

 一方、ネット上では「27歳で定職かよ。負けた」「親の七光り実写版」「全米も泣いた」などなどあたりまえのように批判的なコメントが目立つ。中には「プロのドラ息子」なんていう声まである。

 しかし、福嗣クン以外にも“球界のドラ息子”は大量生産されている。

 真っ先に名前があがるのが、「電車の切符の買い方を知らなかった」伝説のある長嶋茂雄の長男・一茂や、長嶋家に負けず劣らずブルジョワジーな一家、野村克也の三男・克則(ヤクルトコーチ)だが、この両者は“バカ息子”と呼ばれることはあっても、ドラ息子とは呼ばれていない。

「親の七光りが90%以上影響しているとはいえ、一茂はスポーツキャスターでタレント、克則もコーチとしてそれなりの評価を受けています。それに比べてると、もっと“凄い息子”もいるんです」(前出・スポーツ紙記者)

 今年27歳になる巨人・原辰徳監督の長男・嘉宏氏は、幼稚舎から慶応に学び大学まで進んだが中退。父と同じく幼少時から野球を始めたが、それもまったくモノにならなかったという。

「学生時代から月に数百万円の小遣いをもらっていたとネットで報じられたこともあります。元KAT─TUNの赤西仁らとよくつるんでいて、六本木では知らぬ者のいない遊び人だったとか」(芸能ライター)

 元楽天監督で元祖さわやかイケメンの田尾安志の次男・洋輔氏も負けていない。昨年、テレビのバラエティ番組「私の何がイケないの!」(TBS系)に出演し、ヒモとして生活している現状を告白した。

 すでに、30歳を過ぎている洋輔氏だが、現在は沖縄で音楽活動を続けているが、ステージ歌手として得られる収入は月4万円程度。大学病院に勤務する同棲相手の稼ぎに頼っているそうだ。

 元日本ハム監督・大島康徳の息子、雅斗氏もかなりのツワモノ。25歳で芸人を目指しているという彼は現在、大阪にあるNSC(吉本興業の芸人養成学校)に在籍中。東京のNSCではなくあえて大阪に入学したのは「NMB48のメンバーと結婚するため」と真顔で語っているというのだから、名球会会員の父親があきれるのも無理はない。

 一向に盛り上がらないプロ野球のオールスター戦なんかよりも、ドラ息子オールスターを一堂に会したほうが視聴率が獲れそうだ。

(金子良太)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白