芸能

眞鍋かをりの結婚、妊娠で元グラドルたちからやっかみの声が…

20150702manabe

 元THE YELLOW MONKEYの吉井和哉との結婚および妊娠をブログで報告した眞鍋かをり。事務所移籍問題などもあり、決して順風満帆な芸能生活ではなかったが、ここにきて最高の幸せを手に入れた。

 しかし、かつて眞鍋が活動の重きを置いていたグラビア界では、手放しで祝福というわけではないという。

「このニュースが流れるや、元グラドルで今も多方面で活躍しているあるタレントは『挨拶したらそっぽを向かれた』『バラエティ番組でしゃべってる途中にアイツがチラ見しながら割り込んできた』と、怨み節を漏らしていました。また別のアラサーグラドルも『早く別れればいいと思う』と不機嫌そのものでしたね。まあ、グラビアも生き残りを懸けた勝負の世界ですから、やっかみを受けるのはわかりますが、数人から同じような話を聞かされるとなると、よほどだったのかと。しかも、みなが口を揃えて言うのが、『アイツは失敗しない』なんです」(テレビ関係者)

「眞鍋は失敗しない」──。果たしてこれは、どういう意味なのか。

「眞鍋は頭の回転が速いことは事実ですが、それをひけらかすクセがあり、それが弱点といえば弱点なんです。しかし、手に入れた幸せや順調なお仕事を自己顕示が過ぎる程度の凡ミスで手放すほどバカじゃない。そういうしたたかな一面を共にグラドルとして活動していたタレントたちは、肌で感じているのでしょう。彼女も母親になることですし、少しは丸くなって周囲にも優しくなっていくでしょうし、離婚の可能性はまずないでしょうね」(芸能プロ関係者)

 同業者たちのやっかみの声をよそに、眞鍋はこれから「ママタレ」のポジションをがっちりキープしていきそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点