芸能

岡田准一のバックダンサーをしていた“同期”大野智が見つめていたものとは?

20150713oono

 日本テレビの音楽祭典「THE MUSIC DAY」が7月4日、生放送された。

 総勢67組のアーティストが集結、合計11時間におよぶ生放送のなか、オンエア前から話題を集めた目玉企画が、史上最大10組総勢51人が大シャッフルした「ジャニーズスーパーヒットメドレー」だ。

 このメドレーは、KinKi Kids、V6、NEWS、タッキー&翼、KAT-TUN、関ジャニ∞、ジャニーズWEST、Hey! Say! JUMP、嵐、TOKIOの各グループメンバーをシャッフルし、別のグループの持ち歌を歌うという企画。櫻井翔が番組総合司会ということもあり、嵐を中心にグループの枠を越えたパフォーマンスが繰り広げられたのだが、この光景にそれぞれのグループのファンはさまざまな思いを馳せたという。

「なかでも嵐ファンにとっては感慨深いものがあったのではないでしょうか」と話す芸能ライターが、その理由をこう続ける。

「かつてV6のバックダンサーを務めていたのが、嵐のメンバーなんです。なかでもV6で一番若い岡田准一と、嵐の最年長である大野智は同期の仲。その岡田が先にデビューし、大野は自身のデビューが決まるまでの4年間、ずっと後ろで踊っていたんです」

 とはいえ、二人の仲に亀裂が入ることはなかった。岡田のデビューが決まり合宿所を去る際には、大野がお別れ会を開いたという。

「後に大野はこの時のことを振り返り、『親友が転校しちゃうようだった』と語っていましたが、もしかしたら大野はバックダンサーとして、後ろから岡田を温かく見守っていたのかもしれませんね。なぜならば、岡田もまた、年上の“お兄さん”たちに囲まれて、グループのなかで小さくなっていたからです」(前出・芸能ライター)

 そんな二人はメインの歌手とバックダンサーという立場を過ごしながら、のちに大野は嵐としてデビュー、芸能界のトップへと上り詰めていく。

「おなじく嵐結成の5年後にデビューした関ジャニもまた、「THE MUSIC DAY」で同じステージに立ちました。関ジャニの年上二人である村上と横山は、嵐の相葉、二宮、松本と同期なんです」(前出・芸能ライター)

 まるで青春時代を過ごした仲間との同窓会のような今回のパフォーマンス。そこにはV6、嵐、関ジャニの3つのグループの、横のつながりと縦のつながりが入り混じった、“斜めのつながり”の結束の強さを垣間見たのだった。

(琴葉)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?
2
品川の二の舞に?友近に「パワハラ報道」噴出で「テレビから干される」危機!
3
開き直った?顔面改造疑惑お構いなしの“すっぴん”を公開した板野友美の心中
4
特によしこが心配!?「24時間テレビ」チャリティマラソンにあがった“猛批判”
5
“加藤の乱”が影響!?近藤春菜、チャリティマラソン走者に選ばれた理由とは