芸能

有村架純が7月主演映画で大胆演技を見せる!「本格艶技の内容とは?」

20150730a

 アイドルっぽい顔だちで、ドラマやCMで癒やしの笑顔を見せたかと思えば、生意気な金髪ギャル役もこなす。徐々に演技の幅を広げてきた女優・有村架純が、ついに「本格艶技」に挑む。濃厚濡れ場で知られる監督が描くのは、真夏の山奥での同棲生活。極秘に撮影がスタートした主演映画の「大胆シーン」を、どこよりも早くロードショーする!

 千葉県内の山里の集落の外れにある、小高い丘の斜面に造成された墓地。有村架純(22)が、お世話になった女性の墓に年下の恋人と手を合わせながら、夕焼けに頬を染めた彼に目を閉じたままでいるように言う。そして、意を決して、ある「重大告白」をする、こんなシーンが展開される。

〈もう、わたしの心臓は、誰か他人の手でぐいぐいおされているのではないかと思うほど、激しく拍動していた。こんなにドキドキしていると、わたしのなかの「もうひとつの小さな心臓」が壊れてしまうのではないかと思って、わたしはまた深呼吸をした。

 そして、子宮にぐっと気持ちを込めて、言った。

「わたしね、赤ちゃんが、できたの‥‥」〉

──今や国民的清純派女優と言っても過言ではない有村が、本人史上最も「濃厚な濡れ場」に挑むという映画のタイトルは「夏美のホタル」。

「7月9日に、原作の舞台と同じ千葉県内で、一部の出演者の撮影が極秘にクランクインしたんです」

 と明かすのは、ロケ地の関係者。あとを引き取って映画記者が声を潜めて言う。

「主演の有村のシーンの撮影は8月からだそうです。ただ、有村は、すでに映画の中で何度も運転シーンが登場するバイクの免許を取っているといいます。それほどこの映画に熱が入っているんです」

 冒頭の“妊娠告白シーン”も描かれた、この映画の原作は、森沢明夫氏の同名小説。森沢氏は「津軽百年食堂」などの作品で知られ、12年に公開された高倉健の主演映画「あなたへ」のノベライズを手がけ、昨秋公開された吉永小百合(70)が初プロデュースに挑戦した「ふしぎな岬の物語」の原作者でもある。今年も鈴木杏樹(45)主演で「ライアの祈り」が映画化されるなど、映画に縁の深い注目の作家だ。

 原作によれば、有村が演じる「夏美」は、千葉県の幼稚園教諭。夏美は、1つ年下の美術大学で写真を学ぶ恋人の「慎吾」とともに千葉県の山奥の村を訪れる。その村の自然に共感し、さらにそこで出会った、ともに年老いた母と息子と意気投合。そして卒業制作の写真をこの村で撮りたいという慎吾と、夏休み期間中の1カ月、母子の住む民家の離れを間借りして、ふだんは別々に暮らしている2人が、ひと夏の同棲生活を始めるという展開だ。

 これだけでも期待は高まるが、有村は、今年公開された金髪で短いスカート姿の女子高生に扮してヒットした映画「ビリギャル」(東宝)の銭湯入浴シーンで、女友達といちゃつきながら水滴がはじける肌を見せている。かと思えば、同作品の試写会では短いスカート姿の自分のパネルを指さし「これは、はいてません」と発言するなど、どんどん色っぽさをアピールしてきている。しかも──。

「『夏美の──』のメガホンを取るのは、廣木隆一監督。数多くのピンク映画を手がけただけでなく、女優の脱がせっぷりに定評がある監督ですよ」(前出・映画記者)

 例えば、03年公開の「ヴァイブレータ」ではトラックの車内で、当時30歳の寺島しのぶの“大胆艶技”場面を撮りきった。映画評論家の秋本鉄次氏も、その手腕を高く評価する。

「今年公開された『娚おとこの一生』で、榮倉奈々(27)最大の色っぽいシーンを生み出したのが廣木監督です。豊川悦司(53)にベッドシーンで足の指を1本ずつ舐められるシーンは足好きにはたまらなかった。原作にもある場面でしたが、映画では『ここが肝だ!』と言わんばかりに、ねっとり大胆に描いてくれました。榮倉自身も『余命1ヶ月の花嫁』(09年)で信頼関係があり、監督の才能や魔性に引き込まれて解禁したのでしょう。有村も『ストロボ・エッジ』(15年)で監督の才能は理解したはずですよ」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!