芸能

膳場貴子 酒とゲームを封印した「妊活再々婚」秘話

20150813f

 TBSの“夜の顔”として「NEWS23」のメインキャスターを務める膳場貴子(40)。「東大卒」の知性、卓越したアナウンス力、衰えぬ美貌──全てを備えたエリートアナがどうしても手に入れたかったのは“同窓生”のDNAだった。

 スポーツ紙の報道によって、膳場の結婚と妊娠が明らかになったのは7月25日。記事によれば、すでに入籍を済ませ、現在は妊娠4~5カ月だという。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏は驚きを隠せない。

「確かに最近は胸の張りが増して窮屈そうに見えましたが‥‥。ニュースを読む内容によって、表情をうまく使い分ける“技巧派”なので、周囲も気づかなかったのでしょう」

 膳場の実家は都内高級住宅地の大地主。「膳場家」の親族男性が語る。

「“本家”から、これといった報告は聞いていません。ご懐妊はおめでたい話題ですが、本家には姉夫婦が同居してお孫さんもいらっしゃいますからね」

 “お嬢様”の初オメデタにもかかわらず、どこか冷めたムードなのもうなずける。何しろ3度目の結婚なのだ。

 最初の結婚は01年で、わずか2年で破局。05年に再婚したが、またしても2年後に離婚し、バツ2になった経緯がある。

「2人とも東大の同級生ですが、離婚原因も似ています。仕事を優先して家庭をおろそかにする膳場に、相手が愛想を尽かしたという見方が強い」(女性誌記者)

 07年の離婚以降、独身生活に突入した膳場。キャスターの仕事が軌道に乗ったこともあり、出産願望を募らせていったようだ。TBS関係者が秘話を語る。

「ゲーム好きで知られる膳場は、しょっちゅう夜通しモニターに向かっていた。しかしここ2、3年はゲームを控え、ネットでゲーム動画を眺める程度。酒もあまり飲まなくなり、収録後の集まりにも顔を見せなくなった。生活リズムを整えたのも、今考えると出産の準備だったのかもしれません」

 ゲームと酒を封印したことで、自慢の美脚にも磨きがかかった。

「忘れられないのが、2年前に『NEWS23』で壇蜜と対談したシーン。壇蜜がミニワンピ越しにスラリとした太腿を見せれば、膳場は膝上丈のスカートで対抗。ムッチリした大人の色香にクラクラしました」(芸能評論家・織田祐二氏)

 壇蜜にもライバル心を燃やしたほどの美脚があれば、パートナー探しも苦労しないはずだが‥‥。

「番組では何度も不妊治療を扱ったこともあって、遺伝子の重要性には気づいていたはず。過去の婚歴もあり、『どうせなら‥‥』と東大出のDNAを求める気持ちも理解できます」(前出・TBS関係者)

 はたして、膳場を射止めたのはやはり東大卒のエリートだった。

「大手広告代理店に勤務するサラリーマンですが、決して学歴をひけらかさない朴訥なタイプ。大学まで柔道で鍛えたガッシリ体型は、夜の営みでも頼もしく映ったのかもしれません」(前出・女性誌記者)

 “寝技”でイッポンとったのは膳場だったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!