芸能

フジ・三上真奈 地味アナが27時間テレビの“びしょ濡れ”肢体で評価急上昇!

20150813e

「本気」をテーマにしたフジテレビの「27時間テレビ」で、びしょ濡れ肢体を見せたのは、三上真奈アナ(26)。歴代「○○パン」出身アナ中、いちばん地味だったが──。

「何でもやります!」

 7月25日から26日に放送された「27時間テレビ」の「めざましコーナー」で、司会の加藤綾子アナたちの前でそう宣言したのは、三上アナである。その目の前では、ナインティナインの岡村隆史(45)や加藤浩次(46)ら芸人たちがジャグジーに入浴していた。

 岡村がサルの赤ちゃんのものまねをすると、相方の矢部浩之(43)が三上アナに向かって、「できる?」と質問。黒のホットパンツにオレンジ色のTシャツを着た三上アナは躊躇することなく、

「やればできる子です」

 と答えるや、着衣のまま、でんぐりがえしをするように頭から泡風呂に飛び込んだのだ。そんな三上アナに芸人たちの手が伸び、びしょ濡れになった体をいじられ、ぐるぐると横向きに回転させられていく。

「あっ、あ~ん」

 思わず甲高い声を漏らす三上アナ。さらに頭を押さえつけられ湯船に沈められると、息ができず苦しそうに口を開けたままCMに切り替わるのだった。

 この身体をはったシーンは大ウケで、ネットを中心に好感度をグングン上昇させる結果に。期待の新人が任されるトーク番組「○○パン」シリーズの8代目を務めるもブレイクしなかった三上アナだが‥‥。芸能評論家・織田祐二氏はこう語る。

「『ミカパン』から週1回の放送になり、知名度が上がらなかった。番組では色っぽさに定評があって、スカートの短さは歴代トップ。胸チラやブラひも見せも当たり前でした」

 局内ではこの服装が下品だという声も聞かれ、しだいにその色香を封印していった。

「地味な印象しかなく、担当番組もほとんどありません。それが、最近『カトパン退社』の報道があってか、周囲にヤル気を見せています」(フジ局員)

 前出・織田氏も三上アナに期待を寄せる。

「低迷中の『直撃LIVEグッディ!』に出演させて、びしょ濡れパフォーマンスをすれば、視聴率につながるかも。話題になっている今がブレイクする最後のチャンスです」

 路線転向でポスト・カトパンレースを盛り上げる存在になるか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
2
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
3
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
4
「アイ・アム・冒険少年」露骨過ぎる“Snow Man推し”が大不評!
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!