芸能

ピース又吉、「火花」経済効果は100億円!新潮社と幻冬舎が次作争奪に“火花”

20150807matayoshi

「火花」の芥川賞受賞で、いまやすっかり作家然としてしまったピース・又吉直樹。発行部数も累計169万部を突破と、出版不況などどこ吹く風。先日出席したイベントでも、1億円を超えるとされる印税について、「事務所と話し合った。もうすぐ最初の分が入るようです」と、懐具合のほうもホクホクの様子だ。

 だが、気の早い周囲は続く第2作、3作のほうに興味を移し、水面下では“又吉利権”の激しい争奪戦が展開されているという。出版関係者が話す。

「『火花』の場合、小説にとどまらず映画化の企画も出ており、総合的に見れば100億円の経済効果があると言われます。もともと又吉は、新潮社や幻冬舎との付き合いが濃かった。この2社は『一番おいしいところを文藝春秋に持っていかれた』との思いが強い。あの手この手で、又吉の新作を狙い、水面下で動き始めています」

 しかし、芥川賞や直木賞に名を連ねる人気作家となると、刊行予定は数年先まで決まっていることも珍しくなく、出版社との契約内容や親密度によって争奪戦の行方は大きく左右されていく。

「又吉が作家として今後何年経っても色あせない存在でいられるかどうか、その保証は何もありません。最悪、作家としては“一発屋”で終わる可能性もある。それだけに、いかに旬の時期に獲物をキャッチするかが、各出版社の腕の見せどころですよ」(前出・出版関係者)

 又吉の次回作に注目しているのは、ファンだけではないということだ。

(栄巌鉄)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由
5
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱