芸能

ピース又吉、「火花」経済効果は100億円!新潮社と幻冬舎が次作争奪に“火花”

20150807matayoshi

「火花」の芥川賞受賞で、いまやすっかり作家然としてしまったピース・又吉直樹。発行部数も累計169万部を突破と、出版不況などどこ吹く風。先日出席したイベントでも、1億円を超えるとされる印税について、「事務所と話し合った。もうすぐ最初の分が入るようです」と、懐具合のほうもホクホクの様子だ。

 だが、気の早い周囲は続く第2作、3作のほうに興味を移し、水面下では“又吉利権”の激しい争奪戦が展開されているという。出版関係者が話す。

「『火花』の場合、小説にとどまらず映画化の企画も出ており、総合的に見れば100億円の経済効果があると言われます。もともと又吉は、新潮社や幻冬舎との付き合いが濃かった。この2社は『一番おいしいところを文藝春秋に持っていかれた』との思いが強い。あの手この手で、又吉の新作を狙い、水面下で動き始めています」

 しかし、芥川賞や直木賞に名を連ねる人気作家となると、刊行予定は数年先まで決まっていることも珍しくなく、出版社との契約内容や親密度によって争奪戦の行方は大きく左右されていく。

「又吉が作家として今後何年経っても色あせない存在でいられるかどうか、その保証は何もありません。最悪、作家としては“一発屋”で終わる可能性もある。それだけに、いかに旬の時期に獲物をキャッチするかが、各出版社の腕の見せどころですよ」(前出・出版関係者)

 又吉の次回作に注目しているのは、ファンだけではないということだ。

(栄巌鉄)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!
4
観月ありさが船越英一郎を“公開処刑”!顔の大きさがこんなに違うなんて…
5
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?