芸能

プロポーズ拒否の南明奈が濱口の両親に会えないワケとは?

20150811minami

 タレントの南明奈が、よゐこ濱口優からのプロポーズを拒否したことを明かした。7月6日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)にて、「しっかりしたお話ではなくてほんのり言われたので、お断りしました」と自ら認めたもの。

 南と濱口の交際に関しては、かつての勢いを失っている南の売名行為と非難する声もあるが、実際に付き合っているのは本当のようだ。ただ、南は番組内で将来的には結婚を視野に入れていると語ったものの、お互いの両親とはまだ会っていないという意外な事実も明かしていた。

 だが、南が濱口の両親に会おうものなら「息子の嫁には相応しくない」と思われる可能性もあるのだという。その原因について、南と何度も仕事をしたことがあるという雑誌編集者が説明してくれた。

「それはズバリ、人並み外れた偏食です。水や牛乳が嫌いでコーラやジュースしか飲まないというのは本当で、炎天下での撮影でも水やお茶を口にすることはありません。野菜は嫌いだけどもやしだけは好物だとか、寿司屋ではサーモンしか頼まないのも本当ですね。ロケの食事では、口に合うものがないと何も食べないんですよ。中学生のころから芸能活動をしているからか、食べないでいることをとくに苦痛にも感じないようです」

 まさに驚くべき偏食ぶりだが、なぜそれが濱口の両親に会えない理由になるのか。それは濱口の実家が大阪市内で飲食店を営んでいるからである。お笑いファンのなかには大阪に行くたびに訪れる人もいるなど、知る人ぞ知るお店なのだ。トーストやピラフなどの軽食メニューも用意されており、濱口もそんな母の味で育ったわけである。

 ところがその濱口の実家では、ドリンクメニューにコーラやジュースがないようなのだ。南はコーヒーや紅茶も一切飲まないので、これでは南が訪れたとしても飲めるものがないことになってしまう。濱口の両親も、まさか息子の恋人が水にさえ手を付けないとは考えもしないだろうし、だからと言って自分専用にコーラを持ち込もうものなら、お嫁さん候補としては失格だ。

 ただ、そんな南にとってひとつだけ朗報がある。ただでさえ食べられるものが少ない南だが、この喫茶店のフードメニューにはオムライスがあるのだ。オムライスといえば、南にとって数少ない好物のひとつ。そんな母の味を絶賛すれば、両親を味方につけることもできるかもしれない。

 一方の濱口だが、二回目のプロポーズをする前に、実家のメニューにコーラを追加してもらうようにお願いすべきかもしれない。そうすれば南のハートもシュワッとときめくかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」