芸能

TKO木下を動画で弁明させたカジサックに「懐が深い!」とは言えない理由

 パワハラ問題で松竹芸能を3月15日に退所したTKOの木下隆行が騒動の真相を激白する「番組」があった。キングコング梶原雄太扮するカジサックのYouTubeチャンネル〈カジサックKAJISAC〉、4月3日投稿の〈【真相】TKO木下さんにあの騒動の全てをお話して頂きました〉がそれだ。

 木下のパワハラ問題、コトの発端は、木下にとって事務所の後輩であるお笑いコンビ・オジンオズボーンの篠宮暁の顔面に木下がペットボトルを投げつけ、篠宮の目を負傷させた暴行騒動だ。

「あれは実際あったんですか?」

 カジサックにこう問われると、木下は、

「ペットボトル投げたことは事実です。ものすごい悪いことしたと思いますし、反省もしてます。みなさんにもお叱りの言葉をいただきました」

 木下の梶原への説明によれば、何でも、きっかけは2018年12月の松竹芸能の年末ライブ中に、篠宮から、「濱口さんの8万円ちょろまかしたでしょ」と言われたこと。「8万円」というのは松竹所属のよゐこ・濱口優と南明奈の結婚を祝し松竹芸能の面々から集めたお祝いの席の会費だという。ところが、濱口はお祝いされる側なのに、会計を全員の分まで払って帰ってしまった。で、浮いた8万円でプレゼントを買おうと木下は、その金を自分のポケットには入れずに、後輩に預けておいた。木下によれば、それはその場にいる全員が知っていたはずだが、篠宮が松竹芸能の年末ライブ本番中にこれをイジリ、酒も入っていたこともあって、うまい返しができずに、会場もスベってしまった。木下はこれに腹を立て、楽屋に戻るなり投げつけたペットボトルが、たまたま篠宮の目に当たってしまった─。「というのが、本当の事実の話なんです」と、木下は殊勝な態度で説明した。

 これに梶原は、「大事なところって、篠宮さんにしっかり謝罪したのかだったりすると思うんですけど」と問うと、木下は「しました。2回ほどちゃんと。篠宮も『兄さんのことをノリで言ってしまいました、すみません』て言葉もらって、いやいやオレが悪いと謝った」と答えた。梶原は、これについて、「2人の中ではもう解決してるんですよね」と強調していた。

 ところが、視聴者からは、〈被害者がいるのに笑いで済まそうとする姿勢に、カジサックさんも木下さんを擁護せずコラボは正直断って欲しかったです〉〈今回梶原さんの印象もかなり悪いです〉と視聴者からは非難のコメントが相次いだ。

 視聴回数は4月12日現在で122万回を超え、高評価1万1000余りに対して、低評価は6万2000に迫る勢いとなっている。

 梶原は妻を〈ヨメサック〉と称して出演させるなど、アットホームな印象を与え、若者からも好感度の高い番組作りを心掛けてきた。ここにきて汚点を残したのではないか、との見方もできるが、梶原は常々アンチなコメントにもハートマークを付けると公言してきた。非難を承知のうえ、ということなら、むしろ清濁併せ呑む梶原の懐の深さのようなものも一見、感じられそうだ。しかし、〈木下さんを出したのなら被害を受けたほかの芸人さんがたにも出てもらい話を聞くべきだと思います〉との視聴者のコメントもある。

 本当に懐が深いのであれば、そんな要望にも応える姿勢があるかどうか?このあたりがさらなるファンを取り込めるかどうかの分かれ目に思えるのだが…。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
5
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史