芸能

芸人総勢42組が私に語った“超赤貧物語”「サンドウィッチマンは下積み時代に…」

20150827m

 芸人から作家に転身してから10年後、小説が売れなくて、ふと思い立って芸人のインタビューを夕刊紙で始めたオレ(作家・元芸人:松野大介氏)。それをまとめた単行本『芸人貧乏物語』(講談社)がついに出版される。発売を前に、4年かけて聞きだしてきたリアルで笑える“貧乏秘話”を紹介しよう。

 貧乏芸人につきものといえば、まずは「住まい」の悲惨さだ。

 サンドウィッチマンのように下積み時代、コンビで同居していることは珍しくない。

「相方と2間の古アパートに暮らした10年は相当に貧乏でしたねえ。天井にクモの巣はあったし、ゴキブリは当たり前。なんとネズミも出ました! 米びつの米に黒いモンが混ざってて、『富澤(たけし・41)がはやりの五穀米を買って混ぜたんだなあ』と思ってお釜で研いでたら、黒い米が溶けて水が黒ずんできた! 『うわ! ネズミのフンだ!』と」(伊達みきお・40)。

 大格闘の末、ネズミホイホイで退治したという。

 一方、ナイツ・塙宣之(37)が語る、大学落研時代の貧乏暮らしは意外に恵まれていたようだ。

「家賃1万8000円の4畳半のアパートには、エレキコミックのやついいちろうさんやアニマル梯団さんとか、芸人になる人も多くいた。今思えば芸人版“ときわ荘“。みんな貧乏なのに働かないから、食い物屋でバイトしてるヤツの“廃棄待ち”なんスよ。コンビニでバイトしてるヤツは、僕が寝てる深夜に勝手に戸を開け、冷蔵庫にそっと弁当を入れてくれた。起きると枕元の冷蔵庫を開けて『あ、空揚げ弁当だ! サンタさん、ありがとう』って(笑)。貧乏なのにコレステロールは高かったですねえ」

 ボロアパートに住むのは、女芸人も同じ。“女の子がよくそんな部屋に住めるよなぁ”と感心してしまったのはチキチキジョニー

「トイレ共同の1間で家賃1万9000円のボロ。エアコン取り付けたらヒューズが飛んだ(笑)。ある夜、ギシギシと音がして『ナニナニ?』と目を覚ましたら、雨水が天井の1か所にたまって反ってる。すぐに重さに耐えかねて天井が破れて泥水がドバーッと落ちてきた!」(石原祐美子・39)

 1万円台の家賃に住む芸人の中でも、最安値は、80年代に「お笑いスター誕生」(日本テレビ系)で頭角を現した、取材当時ですでに還暦手前だったベテラン芸人・ブッチャーブラザーズぶっちゃあさん(60)。

「荻窪の『学生紹介』の不動産屋で見つけた部屋が1万5000円。生まれて初めて3畳間に住みました(笑)。3畳と靴が1足置けるスペースしかない」

 離婚をきっかけに貧しくなってしまったのだ(入り組んだ話なのでぜひ本を読んでいただきたい)。芸人も人間、生きているといろんな苦労があるものだ。

 若手芸人にネタのダメ出しをし、若手の稽古を長年やっている、ぶっちゃあさんは、2000年代の芸人ブームの東京方面を下から支えている方だとオレは思う。

◆プロフィール 松野大介(まつの・だいすけ) 1964年神奈川県生まれ。85年、ABブラザーズとして「ライオンのいただきます」(フジテレビ系)でタレントデビュー。テレビ、ラジオに多数出演。95年、小説「ジェラシー」が文學界新人賞の候補になり、同年に小説家デビュー。98年、芸人小説のさきがけ「芸人失格」が話題に。著書多数。夕刊紙・日刊ゲンダイにテレビコラム掲載中。現在はウェブマガジン「小説マガジンエイジ」にて「愛の沖縄WandeR LAND」を毎週掲載(無料&登録ナシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由
5
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱