芸能

長渕剛 “自称”10万人ライブを「ろくなもんじゃねえ~」ウラ実況「集客はサクラを含めて7万人前後」

20150910a2nd

 ところが、前代未聞の一大プロモーションを展開しても、観客動員は予想どおり大苦戦。ライブ3日前の8月19日には、なんと1枚1万5000円のチケットが、「ヤフーオークション」で3枚121円という振り込み手数料にも満たない額で落札されたことが発覚した。時を同じくして「ライブモニター」なる、車で来ればチケット代も駐車場も無料になるという、いわば“サクラ”まで募集していたのだ。これでは、高額の正規料金を払ってライブを楽しみにしていた純粋なファンはたまらないだろう。

 こうした紆余曲折を経て、みずから「伝説」と語る富士山麓ライブは本番当日を迎えたわけだが‥‥。

「ライブの模様を掲載したスポーツ紙の記事は一様に主催者発表の“10万人”という数字を強調していましたが、動員されたサクラを含めても、いいところ7万人前後だったというのが現場での実感です」(音楽業界関係者)

 しかも、当日の会場はハプニングの連続だった。

 オープニングからカリスマの降臨とばかりに、ヘリコプターでド派手にステージ登場を果たした長渕だったが、勢いがありすぎたのか、乗っていたヘリコプターの風圧で救護用テントが倒れ、看護師の女性2人が負傷したのだ。

 先の参加者は、ライブ会場の様子をあきれ顔でこう振り返る。

「長丁場だから飲食を販売する屋台はたくさん出ていた。それでも、人気の高いご当地の富士宮やきそばを提供する屋台なんかは早々に品切れになっちゃって、長渕のイメージにはそぐわないタイ料理とかの店が、かろうじて遅くまで営業しているような感じでね‥‥。そもそも、3回の休憩にそれぞれ1時間近くも取るくらいなら、その分、セットリストを詰めればいいんじゃないかと思った。途中に出演したゲストも沖縄出身の新人歌手だったり、ラッパーだったり、一般的にはほとんど無名に近い人たちで、古参のファンからは『何で出てくんだ?』とブーイングが出てたね。まあ、ひと言で言えば“苦行”だった(笑)」

 ライブが終了すればしたで、退場規制が実施された。参加者は「ア」行、「カ」行などリストバンドに記された文字に従って順番で退路につく形だったが、午前6時30分にはステージが終了したにもかかわらず、1時間半ごとに規制解除がなされていくため、最後の退場者がゲートを出たのは、なんと9時間後の午後3時20分! “帰宅困難者”が続出し、半ばやけっぱちでそのままピクニックを開始するファンもいたという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白