芸能

麻生久美子 極貧過去からの成り上がり秘話「人としての魅力と女優としての魅力」

20150910s

 11年公開の映画「モテキ」では真木よう子(31)、長澤まさみ(28)らとともに“いい女”を演じるなど、日本を代表する女優の一人に成長している。

「清楚系美人OLを演じましたが、主人公やリリー・フランキーを相手にした濡れ場では、大人の色香を存分に見せつけていましたね。特に情事のあとのベットで見せた背中の色っぽさは、女としていい年の取り方をしている証拠でしょう」(映画評論家・秋本鉄次氏)

「時効警察」などで麻生を起用した三木聡監督は、麻生の女優としての魅力を「無我の状態で芝居ができる、日本では稀有な女優さん」と評している。「監督の要望どおり作品によってどんな色にも染まるタイプ」(前出・秋本氏)として園子温氏ら日本映画界を代表する監督たちからも引っ張りだこの状態だ。

 清楚なイメージが強い麻生だが、意外にも映画ではさまざまなタイプの「セクシー」を演じており、大きな転機となった「カンゾー先生」では、みずみずしいオールヌードも披露した。

 劇中での麻生は、主演の柄本明に恋するヒロイン役。赤い襦袢のまま布団の上でM字開脚の姿勢となり、股間を男にまさぐられるシーンでは、しだいに興奮して着物がはだけ、バストトップがポロリ。公称バストは80センチと微乳ではあるが、形のよさと張りは数字以上のボリューム感がある。

 さらに海に出て鯨をしとめようとするシーンでは、鯨に海中に引きずり込まれ、身につけていたモンペが水圧で脱げてしまうのだが、カメラは麻生の桃尻を前後左右から執拗に追いかける。最後に船に上がって下半身裸のままカンゾー先生の目の前に仁王立ちするシーンでは、胸の谷間からおなか、下腹部へとつながる絶品ラインが堪能できる。

「この映画出演も半分はダマされたようなもので、麻生はヌードシーンがあることも知らせれておらず、マネージャーから勧められるままオーディションを受けたそうです。結局は出演を受け入れたところに、女優としての覚悟が見て取れます。ちなみに、この映画のポスター撮影はアラーキーこと荒木経惟氏で、こちらもかなりセクシーな写真でしたよ」(芸能評論家・小松立志氏)

 残念ながらこの映画以降、ヌードは披露していないものの、作品ごとに新たなセクシーレパートリーを増やしている。03年の「SF Short Films」ではパンティが見えるほどの超ミニスカで踊りまくり、07年の「怪談」では、切ない吐息を漏らす初夜シーンに挑戦。10年の「シーサイドモーテル」では、スラリとしてナマ脚を見せ、「で、ヤルの? ヤらないの?」とセクシーに迫るホテトル嬢。08年「純喫茶磯辺」ではミニスカ・メイド服姿を披露という具合だ。

 プライベートでは、07年に売れっ子スタイリストの伊賀大介氏と結婚。12年に第1子を出産し、晴れて“人妻女優”へ。この結婚も麻生のイメージアップに大きく影響しているという。

「夫はイケメンのファッション業界人ながら、プロレスやヤクザ映画のマニアで、サブカル系の話題も大好き。麻生が吉田豪氏のインタビューを受けることになった際にも、『腹をくくって全部、答えろ』『原稿も削るな』といった助言をしたそうです。麻生も事務所の反対を押し切ってこうしたアドバイスを受け入れたそうですが、この広い度量が、あまたいる「清楚系女優」とは一線を画す存在感につながっているのでしょう」(前出・小松氏)

 数々のハードな過去を、悲壮感を感じさせることなくサラリと振り返って笑い飛ばせる麻生の懐の深さこそが、魅力の源泉なのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
野呂佳代 石橋貴明も大激賞した「小籠包事件」(2)有吉の罵声で体を張るように
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)