芸能

東野圭吾もあ然!?「天空の蜂」があの洋画の宣伝文句を“パクって”批判殺到

20150910tenkunohachi

「夏の“洋画”超大作ラッシュはまだ終わっていない!」

 映画公式サイトにデカデカと掲げられたキャッチコピー。しかしコレ、けっして新作ハリウッド映画の告知ではない。9月12日から公開される話題の邦画、東野圭吾原作の大型社会派サスペンス「天空の蜂」の宣伝文句だ。しかも、驚くようなコピーはこれでは終わらない。

「このスケールに洋画ファンも驚く!」「このアクションに洋画ファンも手に汗握る!」「このドラマに洋画ファンも引き込まれる!」、そして最後には「それでも懐疑的な洋画ファンは、本作をその目で確かめろ!」とまで煽っているのだ。

 近年、話題作の配給では東宝の後塵を拝することが当たり前となりつつある松竹。ところが、今回はナンバーワン売れっ子作家の東野圭吾原作、監督も「20世紀少年」などヒットメーカーの堤幸彦。さらにいまだタブーとされる原発を題材としたサスペンスアクションをCGを駆使して作り上げた大作ということもあり、普段は邦画に足を運ばない洋画ファンまで巻き込んで、松竹の「メガヒット映画にさせたい!」という鼻息の荒さが嫌というほど伝わってくる広告ではある。

 しかし、お気づきの方も多いだろう。これは3年前、日本で苦戦が続いたアメコミ映画に一石を投じた「アベンジャーズ」のキャッチコピー「日本よ、これが映画だ!」と全く同じ手法だ。上から目線コピーは批判も受けたが、多くのパロディを生み、アメコミに興味のなかった女性客も取り込んでアベンジャーズに40億円近い興収をもたらした。この勝ちパターンを松竹が狙っていることは間違いない。

 エンタメ専門誌編集者もこう語る。

「一目瞭然でしょう。しかしアベンジャーズは所詮、特撮ヒーローものです。今回の『天空の蜂』とはフィクションであること以外、180度違います。原作は東野圭吾がまだベストセラー作家になる前、原発がこのような状況になる以前に未来を予期したかのような緻密な内容で評価されている20年前の傑作です。この背景だけでも年々増殖する東野ファンを映画館に大量に呼ぶことはできますし、同世代の女性に人気の高い江口洋介、『おくりびと』で年配に浸透している本木雅弘という渋いながらも的確なキャスティングで、こんな社会派ストーリーが霞むような妙な宣伝を展開しなくても、この秋最大のヒットになるポテンシャルを持っていたはずですが‥‥」

 実際、「こんな酷い映画宣伝は初めて見た」「東野先生、怒ってないか!?」「被災者も複雑だろうね」「原発問題をアメコミレベルに落とすなよ」など、東野ファンや邦画ファンをバカにしたような宣伝には評価より批判のほうが多いようだ。

「ヘリコプターを“蜂”に見立てた作者の文学性はもちろん、ストーリーもしっかりしていますから、『S-最後の警官』や『アンフェア』など最近のテレビドラマ映画程度で満足できる客層でしたら『これは傑作』と書き込む人もいるかもしれません。ところが洋画ファンを煽ったことで、あえて言わせていただければ、ヘリコプターのCGはアベンジャーズには到底及びませんし、脚本も相変わらずの説明セリフの多さ、テレビリポーター映像などのありえない描写も多く、邦画の弱点も随所に見られます。このお門違いの宣伝がマイナス要因にならなければいいのですが‥‥」(前出・エンタメ専門誌編集者)

 巷では翌週に公開される「進撃の巨人」後編の前に立ちふさがるか否かも話題のようだが、恥も外聞も捨てた宣伝効果はいかに!?

(藤田まさし)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
2
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
3
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
4
木村拓哉は外された?松本潤、「どうする家康」主演抜擢の裏で飛び交う憶測
5
アンジャ渡部が豊洲市場で働いていた!「撮影者は連行」厳戒態勢を関係者が激白