女子アナ

宇垣美里、批判殺到「私以外全員メイクしてた」発言への希少“擁護の声”

 SNS上では彼女に対して「素材がいいアピールがウザい」と、相変わらずの食ってかかる声の多さに驚くばかり。今までの“強気”な言動からアンチを山のように増やしてきたことが原因かもしれないが、全部を批判するのはかわいそうな気がすると、めずらしく“擁護の声”も今回はあるのだとか。

「フリーアナウンサーの宇垣美里のことですね。11月18日配信のネットメディア『telling,』のインタビュー記事に登場したんですが、自身のコスメ本『宇垣美里のコスメ愛 BEAUTY BOOK』のアピールも兼ね、初めてメイクをした時のエピソードを語ったことに、アンチがムカッとなったようなんです」(女性誌ライター)

 インタビューの内容は、宇垣のメイクデビューは意外と遅く、本人いわく『大学の入学式にすっぴんで行ったのですが、私以外の女の子は全員メイクしてて髪を染めてて…泣きました(笑)!その時「まじでやばい」となって、メイクをするようになりました』とのことだった。

「女子らしいざっくばらんな話だと思うのですが、『すっぴんでも可愛かったと言いたいんですね』『泣くとかないでしょ!』『あなた以外の全員がメイクしてて髪を染めてたとか大げさすぎる』と、宇垣が発した言葉すべてにツッコミが入る展開になってしまいました」(前出・女性誌ライター)

 そんなブーイングにかき消されつつ投稿された擁護の声とは─。

「泣きましたのあとに“(笑)”があるように、そこまで深刻ではなく、自分はすっぴんだヤバいとあせったのはリアルだったのではという声。それと、“私以外”“全員”と書いたのは、女子なら誰でも身に覚えがあることだという声も少なくなかったようです。全員はいわば“みんな”というニュアンスだから、《女子高生の“みんな”はせいぜい仲間内の4、5人てことよくあるよw》など、これも女性ならではの表現ではないか、批判するのはかわいそうという意見でしたね。でも、高校時代から彼女を見に来る男性生徒がいたというエピソードもありますから、きっと“素材の良さ”は周囲も認めるところなんでしょうね。だからこそ、自分はすっぴんでも可愛いアピールだと揚げ足を取られてしまうのでしょう」(前出・女性誌ライター)

 最近でもバラエティ出演時の話し方やエピソードにも反感を持たれてしまいがちな宇垣。本人はあるがままの自分についてきてくれるファンがいればいいという思いかもしれないが、もしフリー転身で一気にブレイク!を目指すなら、女性の好感度を上げることが急務なのだろう。

(山田ここ)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
5
ドラマ出演の鷲見玲奈、本番前に「野村周平と濃厚キスしまくり」報道に反論!?