女子アナ

宇垣美里、批判殺到「私以外全員メイクしてた」発言への希少“擁護の声”

 SNS上では彼女に対して「素材がいいアピールがウザい」と、相変わらずの食ってかかる声の多さに驚くばかり。今までの“強気”な言動からアンチを山のように増やしてきたことが原因かもしれないが、全部を批判するのはかわいそうな気がすると、めずらしく“擁護の声”も今回はあるのだとか。

「フリーアナウンサーの宇垣美里のことですね。11月18日配信のネットメディア『telling,』のインタビュー記事に登場したんですが、自身のコスメ本『宇垣美里のコスメ愛 BEAUTY BOOK』のアピールも兼ね、初めてメイクをした時のエピソードを語ったことに、アンチがムカッとなったようなんです」(女性誌ライター)

 インタビューの内容は、宇垣のメイクデビューは意外と遅く、本人いわく『大学の入学式にすっぴんで行ったのですが、私以外の女の子は全員メイクしてて髪を染めてて…泣きました(笑)!その時「まじでやばい」となって、メイクをするようになりました』とのことだった。

「女子らしいざっくばらんな話だと思うのですが、『すっぴんでも可愛かったと言いたいんですね』『泣くとかないでしょ!』『あなた以外の全員がメイクしてて髪を染めてたとか大げさすぎる』と、宇垣が発した言葉すべてにツッコミが入る展開になってしまいました」(前出・女性誌ライター)

 そんなブーイングにかき消されつつ投稿された擁護の声とは─。

「泣きましたのあとに“(笑)”があるように、そこまで深刻ではなく、自分はすっぴんだヤバいとあせったのはリアルだったのではという声。それと、“私以外”“全員”と書いたのは、女子なら誰でも身に覚えがあることだという声も少なくなかったようです。全員はいわば“みんな”というニュアンスだから、《女子高生の“みんな”はせいぜい仲間内の4、5人てことよくあるよw》など、これも女性ならではの表現ではないか、批判するのはかわいそうという意見でしたね。でも、高校時代から彼女を見に来る男性生徒がいたというエピソードもありますから、きっと“素材の良さ”は周囲も認めるところなんでしょうね。だからこそ、自分はすっぴんでも可愛いアピールだと揚げ足を取られてしまうのでしょう」(前出・女性誌ライター)

 最近でもバラエティ出演時の話し方やエピソードにも反感を持たれてしまいがちな宇垣。本人はあるがままの自分についてきてくれるファンがいればいいという思いかもしれないが、もしフリー転身で一気にブレイク!を目指すなら、女性の好感度を上げることが急務なのだろう。

(山田ここ)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化