スポーツ

角盈男×新浦壽夫×松本匡史・巨人OB特別放談“巨人が大混セから抜け出せない理由を明かそう”「阿部の使い方について」

20150924_1001aa

 小林を育てる態勢ができているかという問題もありますね。今、一軍バッテリーコーチは秦真司でしょう。彼はプロ入り時こそ捕手でしたが、そのあとは主に外野手だった。そういうキャリアの人がプロの捕手を育てられるかは疑問です。ただ、秦の名誉のために付け加えておくと、現役時代から勝負強い打者で、その方面でのコーチングには定評がある。それだけに、適材適所の配置転換も必要だと思いますね。

松本 捕手を育てるためには投手の存在も重要です。山倉の時は、現役晩年だった堀内恒夫さんが教育係になった。山倉のリードで堀内さんが打たれると、打たれた原因を徹底的に突き詰めた。それによって山倉は配球を覚えて成長していった。今の巨人でいえば杉内や内海といったベテランがその役割を担うべきだと思うんです。その意味でも彼らの戦線離脱は痛かった。

新浦 相川の離脱は、打線においても原監督の構想を大きく狂わせたね。捕手に戻った阿部は昨年同様、守備の負担を負うことになった。打撃不振の原因が全てそこにあるとは言えないけど、結果として4番を務めきることができなかった。

 守備の要である捕手同様に、打線の軸である4番打者もしっかり固定する必要がある。その意味でも「4番・一塁、阿部」という方針を貫くべきだった。たとえ不調であっても、坂本勇人や大田泰示の4番よりも「4番・阿部」のほうが相手投手に与えるプレッシャーは非常に大きい。

新浦 4番打者には「4番としての顔」も求められる。実績からいって、現在の巨人で顔になれるのは阿部しかいない。確かに、昨年も今年も数字的にはもの足りないけど、投手から見て一発の怖さがあるのは阿部なんですよ。

 阿部をコンバートして4番打者として打撃に専念させるというのが開幕前の構想だった。それを少々打てないからといって5番や6番に下げてしまったら、相手チームから「阿部はそんなに調子が悪いのか。巨人打線はそんなに困っているのか」と見下ろされる。試合以前に勝負がついてしまうんですよ。

松本 弱いチームほど打線を組み替えたがる。軸であるはずの4番打者まで動かしてしまうから打線がつながっていかない。

新浦 投手というのは、たとえ数字が悪くても4番打者が相手だと慎重になるもの。「初球はボール球から入らないと危ないな」とかね。それが6番相手だと「不調で降格したヤツだ」という気持ちになるから、思い切って投げられる。

 今の原監督が入団2年目に初めて4番に座った時、調子が悪くて打順を下げられたことがあった。でも試合になると、チャンスで必ず原のところに回ってくる。それを見て、当時の藤田元司監督は「この子は生まれながらの4番打者なんだな。やっぱり4番で使い続けよう」と決断したそうです。自分がそうやって育ったわりには、4番という打順には重きを置いていないように見えますね。

松本 阿部本人の気持ちを考えても、「今年はとにかくお前に4番を任せる」と言ってもらえれば、もっとやれたはずですよ。不調の時、「そろそろ4番を代えられるかもしれない」と思いながら打席に入っていたら、打てる球も打てない。

 4番打者が不調でどうしようもない時は打順を下げるのではなく、思い切って休ませたほうがいいとよく言われますよね。

松本 それが正解。結局は信頼関係なんですよ。例えば、ソフトバンクの内川聖一は7月以降、少し調子を崩して、8月の月間打率は1割7分です。にもかかわらず、ケガで欠場した時以外は全て4番に座っている。先日、本人に取材したら、監督に「今年は絶対に4番から外さない」と言われたそうです。本人も「そこまで言ってもらったら、頑張らなきゃいけないですね」と話していました。実際、9月に入ってからは成績も上向いてきた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
2
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
3
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
4
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)
5
二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)