芸能

香里奈 連ドラ復帰でも消せないあの写真流出騒動余波

20151029g

 昨年3月にベッド上の写真が「フライデー」に掲載され、以降はメディアへの登場が激減した香里奈(31)。10月から4年ぶりの連ドラ出演で本格復帰を果たしたが、醜聞の火は今もくすぶり続けていた。

 芸能デスクがあらためて衝撃の流出事件を振り返る。

「ベッド写真はハワイで語学留学中に知り合った台湾人男性と一緒に撮られたもので、衝撃的だったのはそのポーズ。ベッドに寝そべる香里奈はカエルのように股を開き、黒い下着の上から指で大事な部分を広げているようにも見えました。局部がまる見えのカットもあったと噂されましたが、この写真は、それまで築いたセレブタレントのイメージを壊すのに十分なインパクトがありました」

 問題のスクープ写真が週刊誌に掲載される前日、香里奈は握手会イベントに出席。現場はものものしい空気に包まれた。

「記事が出ることを知った香里奈はかなり憔悴し、欠席を申し出たそうです。しかし、所属事務所の幹部が『何があってもお前を守る』と説き伏せた。イベントでは、事務所の上層部が顔をそろえ、集まったマスコミに無言の圧力をかけているようでした」(前出・芸能デスク)

 ワイドショーなど大半のメディアは流出事件を黙殺したが、香里奈が負った心の傷はあまりに大きかった。芸能記者が語る。

「周囲に『芸能界を引退したい』とこぼすほど追い詰められていた。他人を極端に恐れて、名古屋の実家から一歩も出ない時期もあったようです」

 香里奈を引きこもり生活に追い込んだのは、“恥”の念だけではなかったようだ。

「悪質なストーカーに悩まされていたのです。実は、デビュー当時から盗撮被害にあっていて、自宅に帰宅する際の様子を盗撮されて、動画がネット上でさらされたこともあります」(前出・芸能記者)

 この盗撮犯と同一人物かは不明だが、くだんの開脚写真が、都内の自宅住所と一緒にネット上にアップされる被害もあったという。

「護身用にキックボクシングのジムに通うこともあったようです。そうして徐々に自信をつけて、今年初めには一人旅で日本全国を回るほど回復したのです」(前出・芸能記者)

 長い沈黙を破って公の場に姿を見せたのは、今年2月の「東京ガールズコレクション」。モデル復帰を足がかりに、10月スタートの連ドラ「結婚式の前日に」(TBS系)で女優活動を再開させた。第1話を見た芸能評論家の織田祐二氏が語る。

「作品では結婚を間近に控えながら、脳腫瘍に冒された悲劇のヒロインを演じています。頬がコケて、顔だちがシャープになったおかげでチャームポイントのアヒル口がより際立ち、前にも増してエロいオーラを放っていましたね」

 懸命な役作りもむなしく、初回の視聴率は7.7%と大惨敗。局内から漏れるのは愚痴ばかりだ。

「あの騒動の影響で、女性の視聴者から敬遠されるのは明らか。なぜ復帰の舞台をうちが用意したのか、主役での起用を疑問視する声は多い。上層部も『5%をキープしてくれれば』と早くも諦めムードです」(TBSドラマ関係者)

 1年半が過ぎても騒動の余波は消えそうにない。

「香里奈は今回の復帰に、『このまま負けを認めたくない』と強い意気込みで臨んでいる。シリアスな役で数字が取れなければ路線変更するしかない。脱ぎを解禁するかもしれません」(芸能記者)

 流出ではなく、オフィシャルな開脚写真で男性ファンを魅了してほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」