スポーツ

阪神・金本監督誕生までの交渉全内幕!「2回の交渉は意見交換のみに終わった」

20151029j

 スンナリいくかと思った監督就任交渉が意外な難航を見せた阪神タイガースと鉄人アニキ。指導者経験がないことや重責のプレッシャーが壁となったとされるが、交渉現場では両者のプライドをかけたガチンコの駆け引きがぶつかり合っていた──。

「やっぱりチームの雰囲気、ムードを変える必要があると思う。来季からは一新して、一から作っていく。来年より再来年、再来年より次の1年と、しっかりしたチーム作りをしていかないといけない」

 これは阪神・南信男球団社長(60)が、V逸と和田豊監督(53)の退任を受けて、10月13日の会見で発したセリフだ。来季からのテーマである「変革」を念頭に置いての決意表明だった。同時に、

「勝ちながら育てるのが理想だが、腰を据えてやっていくべきじゃないかと思っている。フロントを含めてタッグを組み、地道にチーム作りをやっていきたい」

 と述べ、「新体制」における全面的なバックアップを約束したのだった。想定していたのはもちろん、「金本知憲新監督(47)」である。

 9月27日に優勝の可能性が完全消滅すると、次期監督をOBの金本氏に要請することが判明。03年に広島から阪神にFA移籍し、星野仙一監督(68)の下で18年ぶりの優勝に貢献、05年も不動の4番として優勝に導いた功労者であり、大スターである。

 1回目の交渉は10月1日に、兵庫県内のホテルで極秘裏に行われた。

「この席での主な話題は、金本氏の野球観やチーム再建に関するもので、具体的な交渉というものではなかった。10月8日の2回目の交渉でも同様に、実務的な話はなかったといいます」(スポーツ紙デスク)

 事実、金本氏も後日、

「お互いの意見交換みたいなものだった」

 と話すなど、条件などの具体的な話は出なかったことを明かしている。

 2回目の交渉から2日後の10月10日、金本氏は富山県黒部市での講演会に登壇。まだ交渉途中という状況ゆえハッキリとした物言いはできないものの、揺れる胸中を語っている。講演会に参加した金本ファンが話す。

「時期が時期だからなのか、マスコミの取材制限を通達する掲示やアナウンスがあり、ピリピリしたムードでした。冒頭でみずから監督就任問題に触れ、『実はもう決まりました。川藤幸三さんが監督をされます。間違えました、亀山努でした。冗談はさておき‥‥』と前フリをしたあと、阪神にFA移籍した際の話題に移りました」

 金本氏は星野氏に阪神入団を誘われた時のことを、

「阪神に行くのが嫌で、最初はお断りしました。阪神は当時、暗黒時代で4年連続最下位、野球のレベルも低い。そのくせ人気があってチャラチャラしている。大嫌いな球団だった。それが星野監督が来てガラッと変わりましたが、まだ信用できなかった」

 と回想し、星野氏を「あのウソつきオジサン」と評して会場の笑いを誘ったという。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す