芸能

嵐のメンバーも興味津々!スーパー歌舞伎「ワンピース」の評判は?

20151024onepiece

 10月15日放送の「VS嵐」(フジテレビ系)に、新橋演舞場で公演中の市川猿之助主演・歌舞伎版「ワンピース」の面々が登場。嵐とのバトルの合間に、漫画にまつわるトークを展開し、「松ジュンと相葉クンは全巻読んだって」「翔クンは10巻で、大野クンはチョッパーが旅立つところまで」と、嵐とワンピースのファンをおおいに喜ばせた。

 しかしこの歌舞伎、開演前から「ルフィやハンコックなど1人3役を演じるってどうよ?」という原作ファンから「歌舞伎で漫画?」という歌舞伎ファンまで、おおいに巷を騒がせていた。さて、開演後の評判は?

「さすが『ワンピース』のファンが多いだけあって、チケットは1等席以外完売。公演開始後の評判もまずまず好評のようです」

 とは、劇評も担当する総合雑誌の記者。

「『原作の世界じゃない』『微妙』『漫画のファンは見ないほうが』という原作ファンからの否定的な声や、『これは歌舞伎じゃない』という歌舞伎ファンの声もありますが、そもそもコラボというのは両方の世界観を合体させて新しい表現を作るもの。その意味で文句なく面白い」

 さらに、歌舞伎関連の著作も多い演劇評論家もこう評価する。

「スピード感のある立ち回りを含め、全編スペクタクル満載。“白浪五人男”風の名乗りや“先代萩”のパロディなどが盛り込まれてはいるけれど、歌舞伎とは違うものとして楽しめる」

 そういえば、先代・中村勘三郎は「オレたちひょうきん族」全盛の頃、舞台で「タケちゃんマン~!」と演じたこともあるとか。歌舞伎の本質は「何でもありの大パロディ」と考えると、この舞台、漫画、歌舞伎、それぞれの世界観から離れ、新しく生み出された表現を楽しんで観劇するのが正解なようだ。

(大門はな)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、ベルトに乗っかりそうな“Gバスト”に騒然「ものスゴい曲線!」
2
新山千春、伊藤かずえの「シーマ」に便乗?13年愛車アピールに揶揄噴出!
3
お嬢様アナ奔放下半身(1)TBS田村真子“パックリ大開脚”にパパも仰天?
4
出川哲朗、「マリエの衝撃暴露」前に指摘されていた占い結果にネットが戦慄!
5
テレ朝・森川夕貴、“Dカップ強調”激化の裏に「テレ東WBS撃退役」の重責!?