芸能

キスマイならやりたい!「学校へ行こう!」V6が受けたよもやの逆風とは?

20151111v6

 97年から08年まで放送されたV6出演の人気バラエティ番組「学校へ行こう!」(TBS系)が3日に放送され、7年ぶりに一夜限りの復活をとげた。3時間特番として放送された同回は、平均視聴率17.8%。番組終盤にはなんと瞬間最高視聴率22.1%という高視聴率を記録するなど、有終の美を飾った。

「祝!!V6 20周年」という言葉がサブタイトルに盛り込まれるなど、結成から20周年を迎えたV6を全面的に押し出していたが、みごとに結果を出すことに成功。ただし、番組を懐かしむお茶の間を一気にポカーンとさせた一瞬もあったようだ。

 その瞬間というのは番組間のCMで、GREEが提供するV6と疑似恋愛が楽しめるゲームアプリ「ラブセン~V6とヒミツの恋~」のCMが流れたとき。V6のメンバーたちの撮り下ろし写真を使って展開される同アプリは13年10月にリリース。同社が発表した「GREE Platform Award 2014」の恋愛ゲーム部門で、2年連続で最優秀賞を獲得するほどの優良コンテンツだ。すでにリリースから2年が経過しているが、当然ファン向けの恋愛アプリなので、テレビCMとして放映されるのも今回が初だったのだが‥‥。

「若い視聴者は『なんでV6?』と疑問に思ったようです。V6のファン層は主に30代~50代女性が中心ですが、今さらその世代がアプリに熱中するとは思えません。メディア出演が少ないV6だからこそ事務所もゲーム化を容認したと思われますが、むしろ若い視聴者からは、ジャニーズで恋愛ゲームを作るなら他グループで作ってほしかったという意見がありました」(テレビ誌記者)

 番組終了後のネット上では「40のオジサンとの恋愛はない」「キスマイとかHey! Say! JUMPならやりたかったけど」「まさかオバサンがやるの?」など、CMに関してはあまり芳しいコメントは聞かれなかった。ただし、番組の「学校へ行こう!」はアンコールも熱望されるほど好評だったようで、恋愛相手じゃなければ、V6のメンバーたちは若者たちにもモテモテのようだ。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
2
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
白石麻衣 ケーキ実食「放送事故」で見せた「裏の顔」