芸能

天才テリー伊藤対談「三宅恵介」自分で100冊も買っちゃいました

20151126i

●ゲスト:三宅恵介(みやけ・けいすけ) 1949年、東京都生まれ。71年、フジテレビ入社。75年より、萩本欽一総合司会のバラエティ番組「欽ちゃんのドンとやってみよう!」のスタッフとして、本格的にバラエティ番組の制作に参加。その後、「笑ってる場合ですよ!」「オレたちひょうきん族」「FNS27時間テレビ」など、フジテレビを代表するバラエティ番組の制作に携わる。現在、フジテレビジョン・エグゼクティブ・ディレクターとして「ライオンのごきげんよう」や「はやく起きた朝は…」を演出。また、テレビ制作会社「千代田企画」では代表取締役を務めている。著書「ひょうきんディレクター、三宅デタガリ恵介です」(新潮社)が好評発売中。

 80年代を代表するバラエティ番組のひとつ「オレたちひょうきん族」でディレクターを務めた三宅恵介氏。このたび初の著書「ひょうきんディレクター、三宅デタガリ恵介です」が発売となり、天才テリーも興味津々。あの人気番組の裏側からテレビの未来まで、熱く語り合った!

テリー 著書、読ませていただきました。バラエティ番組がどんなふうに作られているのかがよくわかる、すごく貴重な内容ですね。

三宅 ありがとうございます。でも、テリーさんに読まれるなんて、ちょっと恥ずかしいんですね(笑)。

テリー 僕なんか三宅さんと同世代だから、涙が出るほど懐かしいし、おもしろかったですよ。なぜ本を書こうと思われたんですか?

三宅 「オレたちひょうきん族」のことはお話しさせていただく機会も多いんですが、それ以外の、これまで僕がフジテレビの先輩方に教わったことを何かの形で残しておきたいと思ったんです。しかし、やっぱり本が出ると、気になって本屋に行くもんですね。

テリー わかるなぁ! 自分の本がどんな扱いなのか、気になりますよね。

三宅 恥ずかしい話なんですが、フジテレビ内にある本屋さんで、ありがたいことにテレビ関係、しかも社員の本ということで、山積みで扱ってくれるんです。

テリー それ、うれしいことじゃないですか。

三宅 そうなんですけど、山積みだと売れてないみたいでみっともないから、自分で3冊買ったんです。よく考えてみたら、社内の人間には発売前に僕が配っちゃってますから、そこで売れるわけがないんですよ。

テリー ああ、そうか!

三宅 だから、そのあとも本屋をのぞいて山積みだと見ててつらくて、そのたびにADの子にお金を渡して買ってきてもらって。最終的に自分で100冊ぐらい買っちゃいました(笑)。

テリー アハハハハ! でもわかりますよ。自分の本って愛着があるし、子供みたいなものですから。

三宅 まったくです。いろいろ楽しい経験をさせてもらいました。

テリー そもそも、三宅さんがテレビの世界に入ろうと思ったきっかけは?

三宅 うちは両親が日本舞踊家で、NHKの「紅白歌合戦」やフジの「新春かくし芸大会」でタレントさんに日舞の振り付けをしていたので、テレビ局のお偉いさんを知っていたんです。

テリー へぇ~、芸能界に近いところで生まれ育ってるんですね。

三宅 それである時、父が「フジポニー」というビデオ制作会社ができることを聞きつけてきて。「これからは、本屋にビデオが並ぶ時代だからそれに先駆けて作る会社なんだ」と。それはおもしろそうだと思って行くことにしたんです。そこは10人ぐらいの小さな会社だったし、僕は面接と作文だけで内定をもらってるんですよ。

テリー そうか、最初はフジテレビの社員じゃなかったんですね。

三宅 そうなんです。で、その後、フジポニーにもテレビ制作部門を作ることになって、分社化したフジテレビの社員が100人以上一気に入ってきたんです。それで急に大きな会社になってしまって、ああ、これは出世できないなと(笑)。それから僕はテレビ部のADになって、最初に「お昼のゴールデンショー」につくんです。

テリー いきなり人気番組じゃないですか! 僕からすると三宅さんはずっとヒット番組に携わっていて、まばゆい存在なんですよ。

三宅 でも、当時のフジテレビは失礼ながら「振り向けば(東京)12チャンネル」と言われるぐらい視聴率が低かったですから。最近もまた、そんな状況ですけど(苦笑)。その分、好きなことができる、自由な雰囲気はありましたけどね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道