芸能

長男溺愛、長女を恫喝…“毒親”hitomiの愛情格差に「まるで虐待」の声

20151120hitomi

 11月13日、昨年5月に誕生した1歳の長男が人気育児雑誌「ひよこクラブ」12月号の表紙に登場することを歌手のhitomiがブログで明らかにした。hitomiは「我が子が表紙になるなんてなんだか、不思議な気分っ!」と、親バカの顔をのぞかせていたが、その裏でネット上では、とある物議が巻き起こっていた。

 話は今年9月に戻る。「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ)の密着取材コーナーにhitomiファミリーが登場。hitomiは2回の離婚を経て、昨年、不動産会社の社長を務める一般男性と再々婚したばかりだ。自身の連れ子である6歳の長女と合わせて、現在は2児の母となっていることになる。

 番組ではテレビ初公開となるイケメン夫や長男にフォーカスが集まることが予想されたが、皮肉なことに視聴者が注目したのは、6歳の長女に対するhitomiの厳しすぎる接し方だった。

「番組を観ながら何度も目を背けたくなりました。食事の場面でゴハンがなくなったと言う長女に対し、『だから何? 自分でもらってきなさい』とケンカ腰で返すのはまだまだかわいいほう。眠そうな長男に長女がちょっかいを出すと『調子に乗んなよ』と低いトーンで恫喝。さらにハワイ旅行に密着したシーンでは、海賊クルーズに乗ったものの怖かったのかテンションが下がる長女に対して、『次は、部屋に置いていくよ。だったら楽しくしなさいよ。みんなの気持ちを乱すんだよ』と、6歳の女の子に場の空気を読むことを強要しているんです。カメラが入っている前でこうなら、普段はもっとひどい目に遭っているはず、ということは視聴者が皆が確実に想像したと思います」(テレビ誌記者) 

 ネットには案の定、「娘さんが可哀相」「虐待にすら見える」という声が殺到した。なかには「“私、ちゃんと子どもを叱れる厳しいママなんですよ”アピールでは?」との鋭い指摘もあったが、やはりテレビ画面で見せられた、あのドスの効いた声に戦慄を覚えた視聴者が大半だったようだ。

「一方で長男のことは溺愛していますからね。ブログでも“チビくん、チビくん”と話題にするのは長男のことばかり。『ひよこクラブ』の表紙になったことで長女との愛情格差はさらに拡大するのではと言われています」(週刊誌記者) 

 それもあって、ネット民たちの怒りの矛先は「なぜ、あんな毒親を育児雑誌に登場させるのか!」と「ひよこクラブ」にも向けられているという。とんだトバッチリだが、やはり長女が心配ではある。

(臼田鞠子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
2
バスト&ヒップを同時堪能?「泥酔した」吉岡里帆を“介抱した”俳優に羨望の声
3
阿部華也子がいきなり「Eバスト」強調で騒然!人気陥落の焦りか?
4
常盤貴子がうっかり本棚を公開!「並んでいた本」に驚きの声
5
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!