芸能

紅白歌合戦“ドラマチック歌姫”の60年史!【<93年第44回>「男」久宝留理子】

20151210m

 93年、宝石のCMソング「男」が大ヒットし、みごと、紅白初出場を果たした久宝留理子(46)。時価3億円の豪華衣装をまとった緊張のステージを告白!

「♪Ai Ai Ai Ai 愛してると」というサビが強烈に印象的な「男」は、カメリアダイヤモンドのCM曲。それだけに、スポンサーが用意した久宝のアクセサリーは、ダイヤモンドのティアラや指輪など、総額3億円と言われて話題を呼んだ。

「やっぱり重いんですよ、本物は。警備の人がしっかりとガードしてくれましたよ、宝石を(笑)。それと、白い手袋をした専門家の人もついてくれましたね。衣装に緊張したか? いや、うれしかったですね。だって女性として高価なものを身につけるのは、うれしいじゃないですか」

 そう笑う久宝だが、ただ一つだけ気になることがあったという。

「当時、小林幸子さんが豪華な衣装で毎年出ていらっしゃったので、袖でお目にかかった時に、何となく謝っておいたほうがいいのかなと(笑)。それで『(初出場で)すみません』って謝ったんです。小林さんは優しく、『いいのよ、いいのよ、そういう子が出てきてくれなくっちゃ』とおっしゃってくださって。それをすごく覚えています」

 ベテラン歌手ならではの初出場歌手への気遣いであるが、そこは紅白である。本業である歌唱自体へのプレッシャーも並大抵ではなかった。

「私は紅組のトップバッターだった。白組がやはり初出場のX JAPAN。この年は紅組が先攻だったから、ホントの意味での一番手なんです。オープニングセレモニーのあと、私だけ残されて‥‥。その緊張はすごかったですね。何といっても生ですし、最初の私がコケたらシャレにならないじゃないですか」

 そんな彼女が、緊張を少しでも解きほぐすためにやったのが、実にクラシックな方法だった。

「歌い出しの『何くわぬ顔して』を手のひらに書きました。ポーンと真っ白になるのがいちばん怖いですからね。司会者の方が自分を紹介してくれている間、何度も見て口の中で復唱して‥‥。アタマさえ出れば何とかなるだろう、と。でも画面には字幕も出ますから、歌詞を間違うわけにはいかないんですけどね。あとで手のひらの歌詞を見たら、しっかり汗でにじんでいました(笑)」

 まさに大舞台の上にいた人間だけがわかる臨場感だ。その他にも、「同じ初出場組の天童よしみさんとは関西出身つながりでお話をさせていただいた記憶がありますが、あとは誰としゃべったかもまったく覚えていない」とも言う。

 そんな思い出深い紅白初出場であるが、その価値は十二分にあったようだ。

「おじいちゃんから子供まで観る番組ですからね。スタッフ間では、『男』をこう売っていこうという戦略があったので、紅白出場は何よりも達成感が大きかったです。デビューから3年たっていたし、地元の神戸ではメディア出演が少ないと『何してるの?』みたいな感じになっていた。私、小さな頃からいつも家で歌っていたので、近所の人にうるさいと言われたこともあったみたいで。でも、紅白に出たら、『やっぱりそこまでいくと思ってたわ、上手やったもん』って(笑)」

 典型的なエピソードではあるが、これも紅白ならでは。今も久宝は、紅白と「男」には感謝の念が強いという。

「この間、音楽番組で(嵐の)櫻井翔くんに『男』をよく聴いていました! と言われて。私の娘が櫻井くんのファンなので、いっそううれしかったですね」

 彼女のパワフルな初紅白が、名曲が歌い継がれる要因になったことは間違いあるまい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故