芸能

1000人アンケート!“本当にテレビで見たいお笑い芸人”(2)「“やすきよ”のコンビ芸をもう一度見たい」

20160114h

 続いて、2位は横山やすし・西川きよしの最強コンビ。「やすきよ」をもう一度見たい、との熱烈アンコールが集まった。

「テレビで死ぬほど大笑いしたんは、後にも先にもこの2人だけですわ。『ドアホ! 怒るでしかしっ』と言いたい放題のやっさんを『小さなことからコツコツと』という性格のきよしが、うまくもり立てる完璧なコンビでしたわ」(大阪府・サービス業・56歳)

 このように、コンビ再演を願う声もある一方で、

「やっさんが『久米宏のTVスクランブル』に泥酔状態で出演。久米に暴言を吐いていたのにはビックリした。酒に酔っては、タクシー運転手と何度も問題を起こして謹慎、そして吉本追放に。それでも嫌みのないやっさんの無頼漢ぶりに男ボレした」(愛知県・自由業・73歳)

 世間は漫才をしのぐ、トラブル続きのやっさんの生き様にも、魅了されたのだった。

 ドーンと3位に飛び込んだのが、萩本欽一・坂上二郎のコント55号だ。

「それまで見たことがない立体的なコントだった。欽ちゃんと二郎さんが、空中に飛び上がってドカーンとぶつかる激しい動きに、ワクワクハラハラした」(群馬県・紡績業・55歳)

 しゃべりにアクションを取り入れた笑いは、当時、革新的だった。

「実際、あまりに激しく動くので、舞台上に目印のテープが張ってあった。ところが2人は舞台から飛び出す勢いでぶつかり合い、本当に画面から飛び出してしまった。カメラマンは困ったもんだという顔をしていたが、視聴者にはバカウケだった」(ライター・山中伊知郎氏)

 第4位にはハナ肇とクレージーキャッツの登場だ。

「何といっても植木等の軽快なスーダラ節が最高! 仕事がうまくいかなくっても『サラリーマンは気楽な稼業』と思って気を紛らわした」(青森県・無職・72歳)

 もちろん、植木だけでなく、他のメンバーも人気絶大。

「谷啓の『ガチョーン』は、今でもマネするくらい大好き。正月のかくし芸大会では、銅像姿のハナ肇がメタクソにイジり倒されるのが最高だった。今はイジメを助長するとか問題視されるから、もう見られないんだろうね。残念!」(東京都・小売業・53歳)

 お笑い不況の時代こそ、無責任でも黙って俺についてこい! と言い放つカリスマが欲しいところだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
3
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!